言語の選択:

基盤教育センター データサイエンス領域

研究者リスト >> 讃井 知
 

讃井 知

 
アバター
研究者氏名讃井 知
 
サナイ サト
URL
所属上智大学
部署基盤教育センター データサイエンス領域
職名特任助教
学位社会工学(筑波大学)
J-Global ID202101013491318811

研究キーワード

 
市民科学 ,市民参加 ,社会システム ,社会統制 ,行動変容 ,意思決定

研究分野

 
  • 人文・社会 / 社会福祉学 / 
  • 人文・社会 / 地域研究 / 
  • 人文・社会 / 実験心理学 / 
  • 人文・社会 / 社会心理学 / 

経歴

 
2022年8月
 - 
現在
筑波大学 理工情報生命学術院 非常勤講師 
 
2022年4月
 - 
現在
文京学院大学 人間学部 心理学科 非常勤講師 
 
2022年4月
 - 
現在
上智大学 基盤教育センター 特任助教 
 
2021年11月
 - 
2022年3月
筑波大学 システム情報系 助教 
 
2021年9月
 - 
2022年3月
淑徳大学 コミュニティ政策学部 兼任講師 
 

学歴

 
2017年4月
 - 
2021年9月
筑波大学大学院 システム情報工学研究科 社会工学専攻
 
2015年4月
 - 
2017年3月
筑波大学大学院 システム情報工学研究科 社会工学専攻
 
2012年4月
 - 
2015年3月
筑波大学 理工学群社会工学類 
 
2011年4月
 - 
2012年3月
筑波大学 人文・文化学群人文学類 
 

委員歴

 
2021年9月
 - 
現在
日本サイエンスコミュニケーション協会  研究委員会委員
 
2021年5月
 - 
現在
日本心理学会若手の会  幹事
 

受賞

 
2022年3月
筑波大学 専攻長賞
 
2019年12月
日本サイエンスコミュニケーション協会 ベストプレゼン賞
 
2019年11月
筑波大学 副学長特別表彰
 
2017年3月
理工系学生科学技術論文コンクール 特別賞
 
2016年3月
筑波大学 専攻長賞
 

論文

 
 
島田 貴仁   讃井 知   鈴木 あい   春田 悠佳   
犯罪社会学研究 = Japanese journal of sociological criminology / 日本犯罪社会学会 編   (47) 77-93   2022年   [査読有り]
 
讃井,知   野村,港二   
サイエンスコミュニケーション   11(2) 36-43   2021年11月   [査読有り]
 
長谷澤, 未来   雨宮, 護   讃井, 知   
都市計画論文集   56(3) 555-562   2021年11月   [査読有り]
非三大都市圏の大学に在学し在学時に親元を離れて大学周辺に居住した経験を持つ、現三大都市圏居住者を対象に、卒業大学周辺地域における在学時の生活、同地域への現在の地域愛着、同地域に対する貢献行動意図の三者の関係を明らかにした。インタビュー調査(n=10)とウェブアンケート調査(n=442)で得られたデータを分析した結果、以下のことが明らかとなった。(1)在学時や現在に卒業大学周辺の地域との関わりが多い人は、現在の地域愛着が強い、(2)現在の大学周辺地域への地域愛着が強い人は、その地域への貢献行...
 
讃井, 知   島田, 貴仁   雨宮, 護   
心理学研究   92(3) 167-177   2021年   [査読有り]
<p>Consultative behavior with spouses has been found to be effective in deterring telephone call–based fraud. This study aimed to identify the factors that enhance spousal counseling behavior during fraudulent phone call encounters. In December 20...
 
讃井, 知   雨宮, 護   
都市計画論文集   55(3) 858-863   2020年10月   [査読有り]
<p>特殊詐欺抑止において,市民が特殊詐欺と思われる事案に遭遇した場合に,その事実を迅速に他者に伝えることの有効性が指摘されている.そこで本研究は,詐欺電話等の接触があった際に,警察,行政,地縁組織,近隣住民に対する市民の情報提供意図を高める要因を明らかにすることを目的とした.特に,情報提供行動と平時における備えを検討するために,日常の地域や家族との関わりが情報提供行動を促進する可能性を検討した.特殊詐欺における情報提供行動が期待できる世帯類型である高齢者夫婦のみ世帯を対象とする質問紙調査...

MISC

 
 
石盛 真徳   島田 貴仁   讃井 知   春田 悠佳   高木 大資   木村 敦   
   2022年9月
 
島田 貴仁   高木 大資   讃井 知   春田 悠佳   
日本社会心理学会第63回大会Web発表論文集      2022年9月
 
讃井 知   安久 絵里子   原田 悦子   
ヒューマンインターフェースシンポジウム2022 論文集      2022年9月   
 
安久 絵里子   讃井 知   原田 悦子   
ヒューマンインターフェースシンポジウム2022 論文集      2022年9月
 
鈴木 拓朗   讃井 知   大山 智也   新岡 陽光   齊藤 知範   
犯罪心理学研究 / 日本犯罪心理学会編集委員会 編   59(特別号) 183-192   2021年

講演・口頭発表等

 
 
石盛 真徳   島田 貴仁   讃井 知   春田 悠佳   高木 大資   木村 敦   
日本コミュニティ心理学会第25回大会   2022年9月24日   
 
島田 貴仁   高木 大資   讃井 知   春田 悠佳   
2022年9月14日   
 
 
 
讃井 知   安久 絵里子   原田 悦子   
ヒューマンインターフェース学会ヒューマンインターフェースシンポジウム2022   2022年9月1日   

担当経験のある科目(授業)

 
2023年4月
 - 
現在
データサイエンスと人工知能の実践 (上智大学)
2022年8月
 - 
現在
ワークショップ/ファシリテータ育成関連科目 (筑波大学大学院)
2022年4月
 - 
現在
データサイエンスと地域コミュニティ (上智大学)
2022年4月
 - 
現在
データサイエンス概論 (上智大学)
2022年4月
 - 
現在
社会・集団・家族心理学I (文京学院大学)

所属学協会

 
2022年3月
 - 
現在
日本犯罪社会学会
 
   
 
日本心理学会
 
   
 
日本犯罪心理学会
 
   
 
日本サイエンスコミュニケーション協会
 
   
 
日本社会心理学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2023年4月 - 2027年3月
 
異文化背景をもつ若者の犯罪リスク要因とそれを踏まえた総合的対応策の検討
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
小長井 賀與 須藤 明 川邉 譲 讃井 知 
研究期間: 2022年4月 - 2025年3月
 
高齢者の犯罪被害防止にむけた自助・共助を促進する情報の活用方策
公益財団法人日工組社会安全研究財団: 公益財団法人日工組社会安全研究財団 2019年度若手研究助成
讃井 知 
研究期間: 2019年4月 - 2022年9月