言語の選択:

総合人間科学部 心理学科

研究者リスト >> 日髙 聡太
 

日髙 聡太

 
アバター
研究者氏名日髙 聡太
 
ヒダカ ソウタ
URLhttps://pweb.cc.sophia.ac.jp/souta_hidaka/
所属上智大学
部署総合人間科学部 心理学科
職名教授
学位博士(文学)(東北大学)
科研費研究者番号40581161
ORCID ID0000-0001-6727-5322
J-Global ID201101066235007859

研究キーワード

 
多感覚情報処理 ,実験心理学 ,知覚心理学 ,認知心理学

研究分野

 
  • 人文・社会 / 実験心理学 / 知覚心理学

経歴

 
2023年4月
 - 
現在
上智大学 総合人間科学部 心理学科  教授 
 
2019年4月
 - 
2023年3月
立教大学 現代心理学部 心理学科 教授 
 
2018年4月
 - 
2019年3月
University of London, Birkbeck  滞在研究員 
 
2012年4月
 - 
2019年3月
立教大学 現代心理学部 心理学科 准教授 
 
2010年4月
 - 
2013年3月
独立行政法人産業技術総合研究所  協力研究員 
 

学歴

 
 
 - 
2010年3月
東北大学 文学研究科 心理学
 
 
 - 
2005年3月
立教大学 文学部 心理学科
 

論文

 
 
Souta Hidaka   Satomi Higuchi   Wataru Teramoto   Yoichi Sugita   
ACTA PSYCHOLOGICA   178 66-72   2017年7月   [査読有り]
Studies of crossmodal interactions in motion perception have reported activation in several brain areas, including those related to motion processing and/or sensory association, in response to multimodal (e.g., visual and auditory) stimuli that we...
 
Masakazu Ide   Souta Hidaka   Hanako Ikeda   Makoto Wada   
SCIENTIFIC REPORTS   6 37301-37301   2016年11月   [査読有り]
Crossmodal studies have demonstrated inhibitory as well as facilitatory neural effects in higher sensory association and primary sensory cortices. A recent human behavioral study reported touch-induced visual perceptual suppression (TIVS). Here, w...
 
Tatsuya Sato   Hazime Mizoguchi   Ayumu Arakawa   Souta Hidaka   Miki Takasuna   Yasuo Nishikawa   
JAPANESE PSYCHOLOGICAL RESEARCH   58 110-128   2016年6月   [査読有り]
Only a few Japanese psychologists have been interested in the history of psychology. The historiography-or the methodology of historical description-for the history of psychology has been ignored. Moreover, chairs for professors, academic journals...
 
池田 華子   田中 智明   日高 聡太   石山 智弘   宮崎 弦太   
認知科学   23(2) 101-117   2016年
In relation to the recent development of ultra high definition imaging technique (4K)<br> that have quadruple amount of pixels relative to high definition imaging (HD), it has<br> been reported that observer's subjective impression differ between ...
 
Hidaka Souta   Teramoto Wataru   Sugita Yoichi   
FRONTIERS IN INTEGRATIVE NEUROSCIENCE   9 62-62   2015年12月   [査読有り]

書籍等出版物

 
 
日本視覚学会(担当:分担執筆, 範囲:第V章「多感覚認知」・第5.2節「視覚から聴覚への作用」)
朝倉書店   2022年11月   (ISBN:9784254102949)
 
日高聡太, 北川智利(担当:分担執筆, 範囲:第11章「感覚間相互作用」)
コロナ社   2021年4月   (ISBN:9784339013658)
 
Teramoto, W, Hidaka, S, Sugita, Y(担当:分担執筆, 範囲:Auditory bias in visual motion perception)
Cambridge University Press   2018年      
 
日髙 聡太(担当:分担執筆, 範囲:第1章「原理・歴史第3節「19世紀後半における近代心理学の成立」)
誠信書房   2014年      
 
日髙 聡太(担当:分担執筆, 範囲:第2章「感覚・知覚心理学」・第6節「神経生理学的理論」.)
朝倉書店   2012年      

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
高齢者の身体知覚おける多感覚統合過程とその神経基盤の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
寺本 渉 日高 聡太 白井 述 鳴海 拓志 川越 敏和 金山 範明 
研究期間: 2023年4月 - 2026年3月
 
統合可能性の高い多感覚情報に対する意識的・無意識的選好の検討
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
日高 聡太 横澤 一彦 宇野 究人 
研究期間: 2023年4月 - 2026年3月
 
知覚系の知識獲得機構の加齢変化
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
寺本 渉 日高 聡太 川越 敏和 
研究期間: 2020年11月 - 2025年3月
 
生涯学の創出-超高齢社会における発達・加齢観の刷新
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 学術変革領域研究(A)
月浦 崇 
研究期間: 2020年11月 - 2025年3月
 
生体反射を指標とした複数感覚情報の同時性に関する無意識的な知覚処理の検討
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
日高 聡太 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月

MISC

 
 
日高 聡太   三枝 千尋   
基礎心理学研究   41(2) 144-145   2023年3月
 
日髙 聡太   浅野 倫子   
日本心理学会大会発表論文集   86 ITL-001-ITL-001   2022年
知覚・認知処理の目的は,外界から入力された情報を我々にとって有用な形に変換,表現することにあると考えられる。知覚・認知処理において複数の感覚情報を組み合わせて利用することで,信頼性のある頑健な表現を構築することが可能となる。本講演では,講演者がこれまで行ってきた多感覚を対象とした実験心理学的研究の成果を概観する。ある感覚が別の感覚に影響を及ぼすという相互作用に加えて,複数の感覚にまたがって類似した処理特性を持つという共通性についても触れながら,人の知覚・認知処理の動作原理について考察する。
 
Souta Hidaka   Masakazu Ide   
INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY   51 69-70   2016年7月   
 
池田 華子   田中 智明   日高 聡太   
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(347) 1-6   2014年12月   
本研究では,動画像の解像度(4K・HD)および撮影対象(自然物・人工物)や撮影画角(広・中・狭)の違いが,観察者の主観的印象に及ぼす影響を検討した.その結果,高解像度映像(4K)に対して,より好ましく鮮明であり,より見やすいと評価された.特に高解像度映像において,撮影画角が広い場合や自然風景が提示された際にその効果が強く表れることを示した.以上から,撮像対象の違いに応じて,映像の解像度が観視者の主観的印象に影響を及ぼすことが示唆された.
 
池田 華子   田中 智明   日高 聡太   
映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report   38(48) 1-6   2014年12月   

受賞

 
2022年
日本心理学会, 国際賞奨励賞
 
2012年
日本基礎心理学会, 第30回大会優秀発表賞
日髙 聡太 
 
2011年
日本バーチャルリアリティ学会, 論文賞
日髙 聡太 
 
2010年3月
東北大学, 総長賞
日髙 聡太 
 
2009年
日本基礎心理学会, 第28回大会優秀発表賞
 

講演・口頭発表等

 
 
 
宇野究人   日高聡太   
日本心理学会第87回大会   2023年9月15日   
 
牧島海渡   宇野究人   日高聡太   
日本心理学会第87回大会   2023年9月15日   
 
日高聡太   川越敏和   浅井暢子   寺本渉   
日本心理学会第87回大会   2023年9月15日   
 

担当経験のある科目(授業)

 
2023年
   
 
認知心理学II (上智大学)
2023年
   
 
心理学研究法 I (上智大学)
2023年
   
 
認知心理学特殊研究 (上智大学)
2023年
   
 
論文演習 (上智大学)
2023年
   
 
心理学研究法IV (上智大学)

所属学協会

 
 
   
 
International Multisensory Forum
 
   
 
日本認知心理学会
 
   
 
日本基礎心理学会
 
   
 
日本心理学会

委員歴

 
2023年11月
 - 
現在
日本心理学会  編集委員
 
2021年4月
 - 
現在
日本基礎心理学会  編集委員
 
2020年10月
 - 
現在
日本基礎心理学会  理事
 
2014年12月
 - 
2024年3月
日本基礎心理学会  若手特別委員
 
2013年10月
 - 
2017年12月
日本基礎心理学会  幹事(編集担当)