言語の選択:

文学部 新聞学科

研究者リスト >> 国枝 智樹
 

国枝 智樹

 
アバター
研究者氏名国枝 智樹
 
クニエダ トモキ
URL
所属上智大学
部署文学部 新聞学科
職名准教授
学位法学士(上智大学), 修士(新聞学)(上智大学), 博士(新聞学)(上智大学)
科研費研究者番号90733923
J-Global ID201501083617888392

プロフィール

上智大学文学部新聞学科准教授。上智大学大学院文学研究科新聞学専攻後期課程修了。博士(新聞学)。大正大学表現学部表現文化学科エンターテインメントビジネスコース助教、上智大学文学部新聞学科助教を経て2019年度から現職。主な研究テーマは広報史。関心領域は危機管理広報、情報戦、政治コミュニケーション、広報教育など。共編著に『Public Relations in Japan: Evolution of Communication Management in a Culture of Lifetime Employment』 (Routledge、2018)、監訳書に『アージェンティのコーポレート・コミュニケーション』(東急エージェンシー、2019)。
 

研究キーワード

 
広報 ,広報史 ,メディア史 ,歴史学 ,危機管理広報 ,広報教育 ,広報戦略 ,ジャーナリズム ,マス・コミュニケーション

書籍等出版物

 
 
駒橋, 恵子, 国枝, 智樹(担当:共訳)
東急エージェンシー   2019年   (ISBN:9784884971274)
 
国枝智樹, 山村公一, 宮部潤一郎(担当:共編者(共編著 者))
Routledge   2018年   (ISBN:9781138634763)

論文

 
 
国枝 智樹   
The Proceedings of the International History of Public Relations Conference 2013      2013年6月   
 
国枝 智樹   
広報研究   (17) 28-41   2013年3月   [査読有り]
 
国枝智樹   
Journal of Socio-Informatics   6(1) 59-68   2013年   [査読有り]
Increasing number of public and private organizations around the world is utilizing online services to communicate with people in order to construct and maintain positive relationships. While the use of media and communication technologies to mana...
 
国枝 智樹   
コミュニケーション研究   (41) 35-51   2011年   [査読有り]
 
Chung Minsoo   戸田 里和   国枝 智樹   
コミュニケーション研究   (40) 57-85   2010年3月   [査読有り]

経歴

 
2021年9月
 - 
現在
上智大学 文学部 新聞学科 Sophia Program for Sustainable Futuresクラスアドバイザー兼アカデミックアドバイザー 
 
2019年4月
 - 
現在
上智大学 文学部 新聞学科 准教授 
 
2017年4月
 - 
2019年3月
上智大学 文学部 新聞学科 助教 
 
2014年4月
 - 
2017年3月
大正大学 表現学部 表現文化学科 助教 
 

講演・口頭発表等

 
 
国枝智樹   
ジャーナリズム・放送の未来を考える~AIとメディア~   2023年11月11日   放送文化基金、上智大学メディア・ジャーナリズム研究所   
 
国枝智樹   
日本危機管理防災学会 第17回研究大会 分科会Ⅲ危機管理広報   2023年11月4日   [招待有り]
 
国枝智樹   
シンポジウム「広報の定義と今後の広報のあり方について」   2023年11月1日   日本広報学会   
 
国枝智樹   
日本広報学会第29回研究発表全国大会   2023年10月15日   
 
国枝智樹   
日本広報学会第29回研究発表全国大会   2023年10月14日   

学歴

 
2009年4月
 - 
2014年9月
上智大学 文学研究科新聞学専攻博士後期課程 
 

委員歴

 
2023年6月
 - 
現在
日本広報学会  常任理事
 
2021年6月
 - 
現在
日本広報学会  国際化タスクフォース リーダー
 
2020年6月
 - 
現在
放送批評懇談会  理事
 
2020年6月
 - 
2024年6月
放送批評懇談会  出版編集委員 月刊「GALAC(ぎゃらく)」副編集長
 
2022年4月
 - 
2024年3月
日本広報学会  「理論研究部会2022」部会長(研究事例・交流部会)
 

受賞

 
2023年10月
日本広報学会, 研究奨励賞,ロシアのウクライナ侵攻に対する PR 業界の初期対応 ―声明と報道に基づくPR 産業分析―
国枝智樹 岩澤康一 
 
2021年10月
日本広報学会, 優秀研究奨励賞,日本の大学における広報教育の現状 2019 年調査の結果と考察
伊吹勇亮 国枝智樹 
 
2019年10月
日本広報学会, 特別功労賞,Public Relations in Japan: Evolution of communication management in a culture of lifetime employment (Routledge, 2018)
国枝智樹 山村公一 宮部潤一郎 伊吹勇亮 猪狩誠也 伊藤直哉 剣持隆 北見幸一 清水正道 
 
2017年11月
日本広報学会, 研究奨励賞,世界の広報史と日本 : 比較広報史研究の知見と意義
国枝 智樹 
 
2013年10月
日本広報学会, 研究奨励賞,東京の広報前史 ー戦前、戦中における自治体広報の変遷ー
国枝智樹 
 

MISC

 
 
 
国枝智樹   
広報会議   (2023年10月号)    2023年9月   
 
 
柴山慎一   国枝智樹   
2023 Public Relations Yearbook   23-23   2023年6月   
 
国枝智樹   
Galac   (2022年9月号) 31-33   2022年8月   
東洋経済オンライン版:
ウクライナ侵攻が映す「新時代の情報戦」その正体 歴史的視点から「戦争プロパガンダ」を分析
https://toyokeizai.net/articles/-/609143

研究分野

 
  • 人文・社会 / 社会学 / 
  • 人文・社会 / 史学一般 / 
  • 人文・社会 / 図書館情報学、人文社会情報学 / 

所属学協会

 
 
   
 
放送批評懇談会
 
   
 
International Communication Association
 
   
 
日本パブリックリレーションズ協会
 
   
 
日本メディア学会
 
   
 
日本広報学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
理論研究部会2022
日本広報学会: 研究事例・交流部会
研究期間: 2022年4月 - 2024年3月
 
研究期間: 2021年7月 - 2023年6月
 
情報社会における米軍の広報教育と実践に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
国枝 智樹 伊吹 勇亮 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
武力紛争下におけるコミュニケーションの研究
日本広報学会: 2022年度助成研究B
岩澤康一 国枝智樹 
研究期間: 2022年4月 - 2023年3月
 
理論研究部会2020
日本広報学会: 研究事例・交流部会
研究期間: 2020年4月 - 2022年3月

学術貢献活動

 
 
企画立案・ 運営等・パネル司会・セッションチェア等
日本広報学会・国枝智樹 2022年4月 - 2024年3月
 
企画立案・ 運営等
日本広報学会 2022年10月15日 - 2022年10月16日
 
企画立案・ 運営等・パネル司会・セッションチェア等
日本広報学会・国枝智樹 2020年4月 - 2022年3月
 
企画立案・ 運営等
日本広報学会 2021年10月9日 - 2021年10月9日
 
企画立案・ 運営等
日本広報学会 2020年10月3日 - 2020年10月4日

社会貢献活動

 
 
【講師】
日本広報学会関西部会 第1回「現場で役に立つ広報理論ワークショップ」 2023年3月5日
 
 
【講師】
上智大学 ソフィア・プロフェッショナル・スタディーズ 2022年9月 - 2022年11月
 
【司会】
NPO法人かながわ難民定住援助協会 2019年2月24日

メディア報道

 
 
NHK   NHKニュース   2024年2月   [テレビ・ラジオ番組]
 
日本広報協会   月刊「広報」   p12-13   2023年11月   [新聞・雑誌]
 
宣伝会議   AdverTimes.(アドバタイムズ、通称アドタイ)   2023年10月   [インターネットメディア]
 
 
宣伝会議   AdverTimes.(アドタイ)   2023年6月   [インターネットメディア]