国際教養学部

河野 至恩

コウノ シオン  (Kono Shion)

基本情報

所属
上智大学 国際教養学部 国際教養学科 教授
学位
学士(ボードイン大学)
修士(プリンストン大学)
博士(2003年 プリンストン大学)

連絡先
s-konosophia.ac.jp
研究者番号
60439338
J-GLOBAL ID
200901076082697378
researchmap会員ID
5000105676

比較文学・西洋文学の講座を担当。研究では日本文学の翻訳と流通、世界文学としての日本文学、日本近代文学における複言語主義などについて比較文学的に研究している。


主要な経歴

 10

学歴

 2

委員歴

 4

主要な論文

 16
  • 河野至恩
    日本近代文学 (102) 71-86 2020年5月15日  査読有り
    本稿では、水村美苗「私小説 from left to right」を、作者も読者も複数の言語を使用できることを前提とする複言語主義から検討する。具体的には、英語で文章を書くのにも不自由のないはずの主人公の美苗がなぜ小説を書く言語として日本語で書く決意をしたのか、という問題について、美苗が書きえたが書かなかった英語の書物から考察する。美苗個人の過去の教育という次元だけでなく、アカデミアにおける「西洋」の没落と多文化主義の台頭などの歴史的背景、アメリカの日本研究、小説の時間性、「私小説」ジャンルの自己言及などを考察することを通し、この「言語を選び取る」という問題が、言語表現の根幹に関わる問題系であることを示す。
  • KONO SHION
    Journal of Japanese Studies 32(2) 311-340 2006年7月1日  

主要な書籍等出版物

 18
  • 河野 至恩 (担当:共編者(共編著者))
    勉誠出版 2018年1月12日
  • 河野 至恩
    講談社現代新書 2014年3月20日 (ISBN: 9784062882552)
    日本文化が世界で人気があると聞くとうれしい。コンテンツ輸出も重要だ。ただ、日本文化の発信にあたって、いま求められているのは、「日本発の文化を、日本以外の世界の読者の視点から見てみる」ことではないだろうか? アメリカで森鴎外を学び、大学で教えた経験も持つ著者が、文学と批評を例にして、比較文学と地域研究というふたつのアプローチを通して考える。

主要な講演・口頭発表等

 51

共同研究・競争的資金等の研究課題

 2

社会貢献活動

 9