言語の選択:

「上智大学教員教育研究情報データベース」について

上智大学は創立以来、学生本位の教育と研究を実践してきました。
本学での教育を受けた卒業生が広く社会で活躍しているのは、その成果の表われと考えています。

このような成果を上げている本学教員の教育と研究についての情報を、キャンパス内だけではなく、
広く学外にも発信するために、「上智大学教員教育研究情報データベース」を構築することとなりました。
本データベースの公開を通じて、情報の発信・交換を行なうことにより、更なる教育・研究活動の高揚を図ります。
発信者、受信者の両者にとって有益なデータベースになることを願っています。

お問合せ
研究推進センター
 

研究者業績

研究者検索結果一覧 >> 鈴木 伸国
 

鈴木 伸国

 
アバター
研究者氏名鈴木 伸国
 
スズキ ノブクニ
所属上智大学
部署文学部哲学科
職名准教授
学位博士(哲学)(上智大学), 学士(神学)(上智大学), 修士(哲学)(上智大学), 学士(文学)(京都大学)
科研費研究者番号70612084
J-Global ID201301064759047655

プロフィール

2011年- 上智大学神学部 人間学・認識論・ドイツ哲学史について
2015年- 上智大学文学部 哲学科哲学的人間論、認識論、ドイツ近代哲学思想

研究キーワード

 
男女共同参画 ,社会知識学 ,H. プレスナー ,J. G. フィヒテ ,近代ドイツ思想 ,哲学的人間論

研究分野

 
  • 人文・社会 / 哲学、倫理学 / 

受賞

 
2018年11月
日本フィヒテ協会, 日本フィヒテ協会研究奨励賞
 

論文

 
 
鈴木伸国   
哲学分野における男女共同参画と若手研究者育成に関する理論・実践的研究研究成果報告書      2019年3月   
 
鈴木伸国   
哲学   (69) 44-47   2018年4月   
 
鈴木伸国   
人間学紀要   (47) 57-74   2018年3月   [査読有り]
 
鈴木伸国   
理想   697    2016年9月   
 
鈴木伸国   
哲学科紀要   (42) 27-45   2016年3月   

書籍等出版物

 
 
鈴木 伸国
教友社   2016年12月   (ISBN:9784907991302)   
 
鈴木 伸国(担当:その他, 範囲:第4章、p.86-101)
晃洋書房   2014年12月   (ISBN:9784771025257)   

講演・口頭発表等

 
 
Das „Licht” als Reflexionsmedium der Wissenschaftslehren Fichtes
Kongress der Internationalen Fichte-Gesellschaft   2015年9月10日   Internationalen Fichte-Gesellschaft   
 
「わたし」の自律の諸相
上智人間学会大会   2015年8月30日   上智人間学会   
 
哲学的人間学の趨勢と希望
上智人間学会大会   2012年9月9日   上智人間学会   
 
Ironie in der Wissenschaftslehre. Reflexion und Glaube bei Fichte, in romantischer Perspektive
Kongress der Internationalen Fichte-Gesellschaft   2012年9月9日   Internationalen Fichte-Gesellschaft   
 
知識学の発展における「形式」の役割--シェリングからフィヒテへの影響を注視しつつ
鈴木 伸国   
国際フィヒテ学会大会   2009年10月   国際フィヒテ学会   

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 

社会貢献活動

 
 
【その他】
 Banteay Prieb (Vocational training school for landmine victims and handicapped) 2001年4月1日 - 2002年3月31日

その他

 
 
(翻訳)ヨハネス・ボイトラー「キリスト教聖書の中のユダヤの民とその聖書―教皇庁聖書委員会発表の新文書―」、神学ダイジェスト編集委員会編『神学ダイジェスト』2003年冬95号
 
 
(翻訳)G.シェーンリッヒ「1794年知識学の三つの根本命題の記号論的な読み方」日本フィヒテ協会編『フィヒテ研究』第15号、晃洋書房
2007
 
 
(翻訳)K.リーゼンフーバー、マルシリオ・フィチーノのプラトン主義と教父思想、『カトリック研究』第76号
2007
 
 
(翻訳)K.リーゼンフーバー「フィヒテの宗教哲学的思惟の発展」日本フィヒテ協会編『フィヒテ研究』第15号、晃洋書房
2007
 
 
(翻訳)J.G.フィヒテ、「イエスの死の意図(一七八六年)」、『フィヒテ全集第1巻 初期宗教論・啓示批判』、晢書房(共訳)
2011
 

上智大学研究シーズ集

上智大学の研究シーズを紹介しています。