言語の選択:

総合人間科学部 看護学科

研究者リスト >> 田村 南海子
 

田村 南海子

 
アバター
研究者氏名田村 南海子
 
タムラ ナミコ
URL
所属上智大学
部署総合人間科学部 看護学科
職名助教
学位看護学士(東京都立保健科学大学), 看護学修士(上智大学)
科研費研究者番号60613271
J-Global ID201501002648342470

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 臨床看護学 / 

経歴

 
2021年4月
 - 
現在
上智大学 総合人間科学部看護学科 助教 
 
2015年7月
 - 
2020年3月
上智大学 総合人間科学部看護学科 助手 
 
2015年6月
 - 
2015年7月
上智大学 総合人間学部看護学科 非常勤実習助手 
 
2015年6月
 - 
2015年7月
上智大学 総合人間科学部看護学科 非常勤実習助手 
 
2014年4月
 - 
2015年3月
東京工科大学 医療保健学部 看護学科  助教 
 

学歴

 
2017年4月
 - 
現在
東京都立大学大学院 人間健康科学研究科看護科学域博士後期課程 
 
2011年4月
 - 
2013年3月
上智大学 看護学研究科 看護学専攻
 
1999年4月
 - 
2003年3月
東京都立保健科学大学 保健学部 看護学科
 

受賞

 
2017年9月
日本質的心理学会, 日本質的心理学会論文賞(優秀フィールド論文賞),ドナー家族の脳死下臓器提供プロセスにおける体験と心理的奇跡~ドナー家族に対する看護ケアの発展に向けて~
 

論文

 
 
田村南海子   塚本尚子   
日本救急看護学会雑誌   20(1) 10-19   2018年   [査読有り]
 
田村南海子   塚本尚子   
上智大学看護学科紀要   (1) 15-22   2016年3月   [査読有り]
 
田村南海子   塚本尚子   
質的心理学研究   (14) 146-165   2014年3月   [査読有り]
ドナー家族が脳死下臓器提供の一連のプロセスで体験した出来事と心理的軌跡はどのようであり,提供後の家族の長期的な受けとめにどのようなことが影響を与えるのかを明らかにすることを目的に、家族3名のインタビューを行った。その結果,家族は脳死状態の患者を死と認識することを契機とし,患者の人生の意味の探索を始め意味を見いだす過程で臓器提供の意思決定をしていた。意思決定に際し,家族はドナーの生前の価値観が明確な場合ドナーの価値観を優先し,明確でない場合家族の価値観により意思決定していた。ここで,家族とド...

MISC

 
 
田村南海子   
看護技術   65(9) 98-103   2019年8月   

書籍等出版物

 
 
田村南海子(担当:分担執筆, 範囲:食道がん 肝がん)
学研メディカル秀潤社   2020年11月   
 
田村南海子(担当:分担執筆, 範囲:脊椎骨折患者の看護、コンパートメント症候群の患者の看護)
メディカ出版   2020年1月   
 
田村南海子(担当:分担執筆, 範囲:肝がん、食道がん、クローン病)
学研メディカル秀潤社   2016年1月   
 
田村南海子(担当:分担執筆, 範囲:前立腺肥大症、子宮がん)
学研メディカル秀潤社   2014年7月   
 
田村南海子(担当:分担執筆, 範囲:高次脳機能障害者と家族の生活、家族のストレスマネジメント)
金原出版   2012年11月   

講演・口頭発表等

 
 
田村南海子   習田明裕   
第28回日本保健科学学会学術集会   2018年10月6日   

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
がん患者・家族の終末期在宅療養移行に向けた早期からの継続的意思決定支援ツール開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究
田村 南海子 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
脳死下臓器提供患者家族に対する看護援助方法構築に向けた実証的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究(B)
田村 南海子 
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月