言語の選択:

総合人間科学部 心理学科

研究者リスト >> 樋口 匡貴
 

樋口 匡貴

 
アバター
研究者氏名樋口 匡貴
 
ヒグチ マサタカ
所属上智大学
部署総合人間科学部心理学科
職名教授
学位修士(心理学)(広島大学), 博士(心理学)(広島大学)
科研費研究者番号60352093
J-Global ID201101048925319502

研究キーワード

 
態度と態度変容 ,行動変容 ,健康行動 ,羞恥感情 ,,羞恥の発生因 ,社会的感情 ,自己意識的感情 ,AIDS ,HIV ,エイズ予防 ,コンドーム購入 ,コンドーム使用

研究分野

 
  • 人文・社会 / 社会心理学 / 

経歴

 
2009年4月
 - 
2013年3月
広島大学  准教授 
 
2007年4月
 - 
2009年3月
広島大学  講師 
 
2006年4月
 - 
2007年3月
比治山大学  講師 
 
2002年4月
 - 
2006年3月
松山東雲女子大学  講師 
 

受賞

 
2019年6月
日本感情心理学会, 日本感情心理学会第26回大会「大会発表賞(グッドプレゼンテーション賞)」,心的取り消しが感謝に及ぼす影響―日常的な親切場面のシナリオを用いた検討―
山本晶友 樋口匡貴 
 
2015年
日本感情心理学会, 日本感情心理学会学術貢献賞
 
2014年6月
日本感情心理学会, 日本感情心理学会第22回大会グッド・プレゼンテーション賞,自然に対してなぜ感動するのか?:死の顕現性仮説からの検討
樋口匡貴 柳川美貴 福田哲也 
 

論文

 
 
樋口 匡貴   荒井 弘和   伊藤 拓   中村 菜々子   甲斐 裕子   
日本公衆衛生雑誌   68(9) 597-607   2021年9月   [査読有り]
 
荒井弘和   樋口匡貴   伊藤拓   中村菜々子   
スポーツ産業学研究   31(3) 261-266   2021年7月   [査読有り]
 
山本晶友   樋口匡貴   
心理学評論   63(3) 242-258   2021年2月   [査読有り]
 
Akitomo Yamamoto   Masataka Higuchi   
Japanese Psychological Research      2020年11月   [査読有り]
 
樋口匡貴   
臨床心理学   20(3) 275-278   2020年5月   [招待有り]

MISC

 
 
Hitomi Kuranaga   Masataka Higuchi   Tetsuya Fukuda   
Shinrigaku Kenkyu   89(1) 40-49   2018年   
The purpose of this study was to explain the psychological process of exhibiting prosocial behaviors after a person receives gratitude. The results of a preliminary survey indicated that psychological responses are organized into six categories fo...
 
Yuka Haruta   Masataka Higuchi   
INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY   51 1080-1080   2016年7月   
 
井邑 智哉   平林 奈津子   深田 博己   樋口 匡貴   
広島大学心理学研究   (10) 47-52   2010年   
本研究の目的は, 他者に要請する状況で, 人がどのように承諾獲得方策を時系列的に組み合わせて使用するかを明らかにすることである。承諾獲得方策の時系列的組み合わせを承諾獲得方略とする。調査の結果, 3種類の承諾獲得方策(個人評価, 丁重, 他者利用)は, 1回目の要請よりも相手から断られた後の2回目の要請時に使用される可能性が高かった。反対に, 強硬方策は, 2回目の要請よりも1回目の要請時に使用される可能性が高かった。また, 承諾獲得方策の時系列的組み合わせに関して65.8%の人が, 1回...
 
 

書籍等出版物

 
 
樋口 匡貴(担当:共著)
2020年5月10日   
 
樋口 匡貴(担当:共著)
丸善出版   2019年10月      
 
樋口 匡貴(担当:共編者(共編著 者))
北大路書房   2019年9月10日      
 
樋口 匡貴(担当:共訳)
新曜社   2017年9月25日      
 
樋口 匡貴(担当:共著, 範囲:p.213-340)
ナカニシヤ出版   2017年2月20日      

講演・口頭発表等

 
 
再現可能な心理学研究入門
三浦麻子   国里愛彦   樋口匡貴   北條大樹   清水裕士   
日本心理学会第84回大会シンポジウム   2020年9月11日   
 
地域での犯罪予防:実務家・一般市民と大学の教育研究をつないで
桐生正幸   島田貴仁   畑倫子   樋口匡貴   高木大資   荒井崇史   石盛真徳   
日本心理学会第84回大会シンポジウム   2020年9月8日   
 
地域での犯罪予防:実務家との協働とオープンデータによる新たな教育研究の可能性(1)
日本心理学会第83回大会   2019年9月11日   
 
感情研究の広がりと深さ
日本心理学会第83回大会   2019年9月11日   
 
「同類だと思われたら困る」から恥ずかしい?:観察者羞恥における集団成員性とその顕現化の影響
日本感情心理学会第27回大会   2019年6月30日   

所属学協会

 
 
   
 
日本公衆衛生学会
 
   
 
日本行動療法学会
 
   
 
日本パーソナリティ心理学会
 
   
 
日本エイズ学会
 
   
 
日本健康心理学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
社会心理学の基盤を裾野から確認する:メタ分析と追試による再現性検証
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
平石 界 三浦 麻子 樋口 匡貴 藤島 喜嗣 
研究期間: 2019年4月 - 2024年3月
 
地域での犯罪予防:個人と集団に即したオーダーメイド介入とその伝播過程
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
島田 貴仁 高木 大資 荒井 崇史 樋口 匡貴 石盛 真徳 木村 敦 
研究期間: 2019年4月 - 2023年3月
 
社会心理学研究の再現可能性検証のための日本拠点構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
三浦 麻子 平石 界 樋口 匡貴 藤島 喜嗣 佐倉 統 平井 啓 池田 功毅 
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月
 
コンドーム使用時の羞恥感情の適応的機能とその制御によるコンドーム使用促進
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
樋口 匡貴 中村 菜々子 
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月
 
原発事故災害時における医療者の罪悪感の生起メカニズムの解明と避難行動指針の策定
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
久田 満 樋口 匡貴 中村 菜々子 
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月