言語の選択:

理工学部

研究者リスト >> 菊池 昭彦
 

菊池 昭彦

 
アバター
研究者氏名菊池 昭彦
 
キクチ アキヒコ
所属上智大学
部署理工学部機能創造理工学科
職名教授
学位工学士(上智大学), 工学修士(上智大学), 博士(工学)(上智大学)
科研費研究者番号90266073
J-Global ID200901002456943226

プロフィール

1992年 4月~1994年 3月 日本学術振興会 特別研究員
1992年 4月~1994年 3月 上智大学 理工学部 客員研究員
1994年 4月~2006年 3月 上智大学 理工学部 助手
2006年 4月~2008年 3月 上智大学 理工学部 講師
2008年 3月~2015年 3月 上智大学 理工学部 准教授
2015年 4月~現在     上智大学 理工学部 教授
1995年11月~1996年 7月 通産省 電子技術総合研究所 通商産業技官(非常勤)
1996年 8月~1998年 3月 通産省 電子技術総合研究所 外来研究員(非常勤)専門領域:半導体工学、光・量子エレクトロニクス、ナノ結晶工学、有機半導体デバイス
担当科目:アナログ電子回路、光エレクトロニクス、光デバイス工学(院)、機能創造理工学実験・演習1、機能創造理工学実験・演習2、情報フルエンシー「HTMLとCSSを用いたWEBページ作成技法」(研究テーマ)
窒化物半導体ナノコラム結晶を用いた新しい機能性デバイス材料の開発
InGaNナノコラムの多色発光機構の解明とデバイス応用に関する研究
短波長半導体レーザに関する研究

研究キーワード

 
GaN ,InGaN ,分子線エピタキシー ,ナノコラム ,MgZnCdSe ,III-V窒化物 ,有機半導体デバイス

研究分野

 
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 電子デバイス、電子機器 / 
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 電気電子材料工学 / 
  • ナノテク・材料 / 応用物性 / 

経歴

 
1992年4月
 - 
1994年3月
日本学術振興会  特別研究員 
 

学歴

 
1983年4月
 - 
1987年3月
上智大学 理工学部 電気電子工学科
 

受賞

 
2005年
平成16年度コニカミノルタ画像科学奨励賞
 
1995年
安藤博記念学術奨励賞
 

論文

 
 
Rie Togashi   Ryo Kasaba   Ken Goto   Yoshinao Kumagai   Akihiko Kikuchi   
Journal of Crystal Growth   575 126338-126338   2021年12月   [査読有り]
 
Keita Takeuchi   Hiroyuki Ueda   Akihiko Kikuchi   
Japanese Journal of Applied Physics   58(SB) SBBG07-SBBG07   2019年4月   [査読有り]
 
Ryogo Abe   Asuka Suzuki   Kosuke Watanabe   Akihiko Kikuchi   
Physica Status Solidi A   217 1900511-1-1900511-8   2019年   [査読有り]
 
Hiroyuki Ueda   Keita Takeuchi   Ryo Terada   Akihiko Kikuchi   
Physica Status Solidi (B) Basic Research   255(4) 1700351   2018年4月   [査読有り]
A novel crystal growth technique is proposed that uses a thin ionic liquid film with an extremely low vapor pressure as the crystal growth field, and a solute supplied by electrospray deposition through the surface of the liquid film. The precipit...
 
Hiroyuki Ueda   Keita Takeuchi   Akihiko Kikuchi   
Japanese Journal of Applied Physics   57(4) 04FL12   2018年4月   [査読有り]
We report an organic single crystal growth technique, which uses a nonvolatile liquid thin film as a crystal growth field and supplies fine droplets containing solute from the surface of the liquid thin film uniformly and continuously by electrosp...

MISC

 
 
菊池昭彦   岸野克巳   
応用物理   84(1) 66-70   2015年1月   
 
猪瀬 裕太   植田 裕輝   江馬 一弘   酒井 優   Vadivelu Ramesh   井川 雄介   菊池 昭彦   岸野 克巳   大槻 東巳   
日本物理学会講演概要集   68(1) 790-790   2013年3月
 
植田 裕輝   猪瀬 裕太   酒井 優   江馬 一弘   菊池 昭彦   岸野 克巳   大槻 東巳   
日本物理学会講演概要集   68(1) 848-848   2013年3月
 
猪瀬 裕太   植田 裕輝   江馬 一弘   酒井 優   Vadivelu Ramesh   井川 雄介   菊池 昭彦   岸野 克巳   大槻 東巳   
日本物理学会講演概要集   68(1) 194-194   2013年3月
 
菊池 昭彦   入江 崇之   
電子情報通信学会技術研究報告. OME, 有機エレクトロニクス   112(57) 25-29   2012年5月
エレクトロスプレー法の一種であり、ノズル近傍に引出電極を装荷したナノミスト堆積(NMD)法を用いて、緑色発光高分子であるF8BT薄膜の成膜特性を評価した。電極-基板間距離を広げることにより塗布領域は線形に拡大し、直径47mm程度の領域に成膜が可能であった。成膜条件の制御により表面粗さ(Ra)4.9nm程度の平坦な成膜が得られた。また、AZO/F8BT/MoO_3無機有機複合型LEDのF8BT層成膜にNMDを用い、スピンコート法と遜色無い良好な電気特性と発光特性を得た。さらに、TPD/F8B...

書籍等出版物

 
 
菊池 昭彦(担当:単著, 範囲:p.2)
上智大学 研究推進センター   2018年7月   
 
菊池 昭彦(担当:編集)
日本学術振興会第162委員会   2017年7月   
 
菊池 昭彦(担当:単著, 範囲:第27号、p.11)
SOPHIA SCI-TECH(ソフィア サイテック)   2016年4月   
 
菊池 昭彦(担当:共著, 範囲:p.66-70)
2015年1月10日   
 
Kikuchi Akihiko(範囲:p.68-74)
Fundamental Lecture,Special Lecure to honor the Novel Prize award REcipients   2014年   

講演・口頭発表等

 
 
倉邉海史   山﨑裕貴   木下堅太郎   米田幸司   菊池 昭彦   
第13回ナノ構造エピタキシャル成長講演会   2021年12月   
 
菊池昭彦   米田幸司   倉邉海史   山﨑裕貴   木下堅太郎   工藤大樹   
第二回半導体ナノフォトニクス研究会,Sophia Open Research Weeks 2021   2021年11月16日   [招待有り]
 
山崎裕貴   木下堅太郎   今田陵斗   相川健喜   門馬智亮   菊池昭彦   
第82 回応用物理学会秋季学術講演会   2021年9月13日   
 
倉邉海史   山﨑裕貴   木下堅太郎   米田幸司   菊池昭彦   
第82 回応用物理学会秋季学術講演会   2021年9月10日   
 
米田幸司   工藤大樹   倉邉海史   菊池昭彦   
第82 回応用物理学会秋季学術講演会   2021年9月10日   

所属学協会

 
 
   
 
The Institute of Electrical and Electronics Engineering
 
   
 
応用物理学会
 
   
 
電子情報通信学会
 
   
 
Optical Society of America
 
   
 
American Association for the Advancement of Science

その他

 
 
当日の授業内容に関する小テストを行って授業内容の理解度を確認している。講義時間が若干減るが、むしろ授業に対する学生の集中度が増して講義の効率が高まっている。\n小テストは採点して次回の授業で返却している。回答率の悪い問題に対しては復習を兼ねた解説を行っている。
 
 
授業(講義により頻度は異なる)において、進行速度、理解度、取り上げてほしいテーマなどを記述できるリアクションペーパを配布してその場で回収し、次回の授業計画にフィードバックしている。\n特に、学生の理解度を把握をする上で効果が高い。理解度の低いと思われる内容については次回の授業の初めに復習を行っている。
 
 
授業で使用したpdfファイルを若干の修正を行った後、学内ネットワーク上のレポート提出システムを利用して配布し、授業の復習が行いやすいように配慮している。
 
 
授業終了時に課題を与え、提出期限を次回の授業前日と設定し、次回の授業で課題の解説を行っている。\n授業時間後の復習効果が高まり、復習として効果的である。
 
 
コンピュータを用いた授業では、重要なテーマ毎に簡単な演習課題を与え、着実に理解できるような授業構成を心がけている。\n演習時にはTAが個別に対応することで、理解度の異なる学生に対しても綿密な指導ができるよう配慮している。