言語の選択:

地球環境学研究科

研究者リスト >> 平尾 桂子
 

平尾 桂子

 
アバター
研究者氏名平尾 桂子
 
ヒラオ ケイコ
URL
所属上智大学
部署地球環境学研究科地球環境学専攻
職名教授
学位文学士(南山大学), 国際学修士(上智大学), 社会学Ph.D.(University of Notre Dame)
科研費研究者番号70158335
J-Global ID200901017246177048

プロフィール

2009- 家族と社会のサステナビリティー
2009- ジェンダーと環境
2004-2012 家族の教育戦略と母親の就労行動
1997-2003 女性の学歴と就業行動
1998-2000 異世代間関係の日米比較
2001-   子育ての政治経済学
2002- 家族と職業:性と世代と階層関係
2002- 家族の教育戦略と母親の就業行動に関する日米比較専門は社会学。女性の就業行動、異世代間関係、家族と教育の関連を主に研究している。伝統的性別役割分業が問い直される中、効率のよい男女の働き方と男女の機会均等とはどのような関係にあるのか。家族の中で、そして市場で、賃金労働と家事・育児労働はどのように評価されているのか。こうした問題関心のもとに、家族、労働、教育という三つの領域の接点におけるジェンダー構造の解明に取り組んでいる。教育面では全学必修科目の「人間学」、選択必修科目の「フェミニズムの社会観I, II」、「ジェンダー・労働・家族」「社会における人間形成」、および教職科目の「教職総合演習」を担当し、主に個人と社会の相互関係、人間形成における家族と教育の果たす役割、そしてそれらに通底するジェンダー構造などについて講義している。(研究テーマ)
女性の職業経歴に関する研究
家族の教育戦略の日米比較
家族の構造と変容:日本・韓国・中国の比較
家族と社会のサステナビリティー
持続可能な開発目標と家族(共同・受託研究希望テーマ)
家族の教育戦略と母親の就労
家族と労働の国際比較

研究キーワード

 
ジェンダーと環境 ,環境 ,持続可能性 ,教育 ,労働 ,学歴達成 ,ワーク・アンド・ファミリー ,家族 ,ジェンダー

研究分野

 
  • 人文・社会 / 社会学 / 
  • 環境・農学 / 環境材料、リサイクル技術 / 
  • 環境・農学 / 循環型社会システム / 

経歴

 
2009年4月
 - 
現在
上智大学 地球環境学研究科 教授 
 
2005年4月
 - 
2009年3月
上智大学 文学部 教授 
 
2007年7月
 - 
2008年10月
ハーバード大学   客員研究員
 
1999年4月
 - 
2005年3月
上智大学 文学部 助教授 
 
1995年9月
 - 
1997年5月
ミシガン大学  客員研究員 
 

学歴

 
1992年8月
 - 
1997年5月
University of Notre Dame  
 

受賞

 
2005年
東京大学社会科学研究所・SSJデータアーカイブ優秀論文賞(佳作)
 
1996年
John J. Kane Award
 

論文

 
 
平尾桂子   
第4回全国家族調査 (NFRJ18) 第二次報告書      2021年9月
 
 
辰巳 智行   中澤 高師   佐藤 圭一   野澤 淳史   池 田 和弘   喜多川 進   小西 雅子   トレンチャー グ レゴリー   平尾 桂子   長谷川 公一   
静岡大学情報学研究   26 1-22   2021年3月
 
平尾桂子   
社会と調査   23    2018年9月   [招待有り]
 
Dominic Richardson   Esuna Dugarova   Daryl Higgins   Keiko Hirao   Despina Karamperidou   Zitha Mokomane   Mihaela Robila   
Global Environmental Studies   14 77-93   2018年   

MISC

 
 
平尾桂子   
En-Ichi 教育フォーラム      2020年4月   
 
平尾桂子   
En-ichi 教育フォーラム      2018年   
 
 
 
平尾桂子   
En-ichi 教育フォーラム      2017年1月   

書籍等出版物

 
 
Hirao Keiko(担当:共著, 範囲:143-169)
UNICEF Office of Research – Innocenti   2019年      
 
平尾 桂子(担当:その他)
丸善出版   2018年1月31日   (ISBN:9784621302330)   
 
平尾 桂子(担当:その他, 範囲:925-926)
Wiley Blackwell   2016年4月   (ISBN:9781405196949)   
 
平尾 桂子(担当:単著)
上智大学出版   2015年9月   (ISBN:9784324099766)   
 
2015年   
物質的位相、医療的位相、社会的位相という「身体」の異なる位相とそれが社会的にどのように構築されているのかを開設

講演・口頭発表等

 
 
Hirao, Keiko   
The 2nd Congress of East Asian Sociological Association   2021年10月29日   
 
Hirao Keiko   
Workshop on Climate Change and energy Policy of India and Japan   2019年12月21日   Department of Humanities and Social Sciences, Indian Institute of Technology Kanpur   
 
Hirao Keiko   
Indo-Japanese International Workshop   2019年9月13日   
 
Hirao Keiko   
Harmony 2019   2019年1月9日   Christ University   
 
Keiko Hirao   
XIX World Congress of Sociology   2018年7月18日   International Sociological Association   

所属学協会

 
 
   
 
環境社会学会
 
   
 
National Council on Family Relations
 
   
 
日本教育社会学会
 
   
 
American Sociological Association
 
   
 
日本家族社会学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
子育ての政治経済学
The Council on East Asian Studies, Yale University: 
フランシス・ローセンブラフ 
研究期間: 2001年 - 2004年
 
東アジアの女性と労働
Social Science Research Council: 
メアリー・ブリントン 
研究期間: 1995年 - 2001年

社会貢献活動

 
 
【運営参加・支援】
 2006年4月1日 - 現在
 
【その他】
 2017年5月 - 2019年

その他

 
 
教室での積極的な空間管理を通じて、活発な議論を醸成する。知識と発想のネットワークを視覚化することにより議論の深化を図る。
 
 
2018年4月 - 2019年3月
 
 
2016年4月 - 2018年7月
最新のファシリテーション技術を応用したワークショップデザイン
 
 
インターアクティブなディスカッションをすすめるための空間配置の工夫
 
 
RRPL授業展開とは、1)「正しい『問い』(Research Question)の立て方」を学ぶこと、2)リサーチスキル(Research Skills)を身につけること、3)効果的なプレゼンテーション方法(Presentation Skills)を工夫すること4)リーダーシップ(Leadership)を学ぶ、この四点を目的とする。\nそのための事前指導(個別指導)にも力を入れている。