言語の選択:

「上智大学教員教育研究情報データベース」について

上智大学は創立以来、学生本位の教育と研究を実践してきました。
本学での教育を受けた卒業生が広く社会で活躍しているのは、その成果の表われと考えています。

このような成果を上げている本学教員の教育と研究についての情報を、キャンパス内だけではなく、
広く学外にも発信するために、「上智大学教員教育研究情報データベース」を構築することとなりました。
本データベースの公開を通じて、情報の発信・交換を行なうことにより、更なる教育・研究活動の高揚を図ります。
発信者、受信者の両者にとって有益なデータベースになることを願っています。

お問合せ
研究推進センター
 

研究者業績

研究者検索結果一覧 >> 坂野 正則
 

坂野 正則

 
アバター
研究者氏名坂野 正則
 
サカノ マサノリ
URL
所属上智大学
部署文学部史学科
職名教授
学位学士(文学)(東京大学), 修士(文学)(東京大学), フランス専門研究課程修了証書(DEA)(ソルボンヌ大学), 博士(文学)(東京大学)
科研費研究者番号90613406
J-Global ID201301063855733393

研究キーワード

 
アンティル諸島 ,パリ外国宣教会 ,海外宣教 ,植民地 ,テロワール ,越境 ,都市史 ,宗教 ,近世ヨーロッパ ,フランス ,17世紀 ,16世紀 ,宗教的寛容 ,キリスト教 ,他者性 ,宗派対立 ,イスラーム

研究分野

 
  • 人文・社会 / ヨーロッパ史、アメリカ史 / 

経歴

 
2020年4月
 - 
現在
上智大学 文学部 史学科 教授 
 
2016年4月
 - 
2020年3月
上智大学 文学部史学科 准教授 
 
2013年4月
 - 
2016年3月
武蔵大学 人文学部ヨーロッパ文化学科 准教授 
 
2011年4月
 - 
2013年3月
武蔵大学 人文学部ヨーロッパ文化学科 専任講師 
 

委員歴

 
2017年3月
 - 
現在
日仏歴史学会  理事
 

論文

 
 
坂野 正則   
歴史学研究   (993) 51-59   2020年2月   [招待有り]
 
坂野 正則   
上智史学   (63) 123-139   2018年11月   
 
坂野 正則   
キリスト教史学 = The journal of history of christianity   72 44-52   2018年7月   
 
 
坂野 正則   
武蔵大学人文学会雑誌   46(1) 133-166   2014年10月   

MISC

 
 
坂野正則   
史学雑誌   130(6) 1066-1075   2021年7月   [招待有り]
 
坂野 正則   
上智史学 = Sophia historical studies   (65) 185-190   2020年11月
山内弘一先生退職記念号シンポジウム開催報告
 
坂野正則   
第3回テロワール研究会報告資料集   40-45   2020年2月   [招待有り]
 
落合 義明   岸 泰子   坂野 正則   
都市史研究 = Journal of urban and territorial history   6 124-131   2019年   
 
坂野 正則   
第1回公開シンポジウム「テロワールの空間」プロシーディングズ   36-41   2018年2月   [招待有り]

書籍等出版物

 
 
坂野 正則(担当:編集, 範囲:「序章:歴史遺産と信仰空間としてのパリ・ノートル=ダム大聖堂の再建」(1-23頁)、「第3章:大司教座聖堂としてのパリ・ノートル=ダム大聖堂の成立ー近世空間における権力と聖性」(115-149頁))
勉誠出版   2021年3月   
 
中野, 隆生, 加藤, 玄(担当:共著, 範囲:近世フランスのキリスト教(17~18世紀)――カトリックとカルヴァン派の信仰生活)
明石書店   2020年5月   (ISBN:9784750350219)
 
平野千果子編著(担当:共著, 範囲:第3章 近世王国の社会と宗教)
ミネルヴァ書房   2019年11月   (ISBN:9784623085989)   
 
永原 陽子(担当:共著, 範囲:17世紀フランスのカトリック刷新運動と東南アジア宣教ーパリ外国宣教会の事例からー)
ミネルヴァ書房   2019年8月   (ISBN:9784623086368)   
 
上智大学文学部史学科編(担当:共著, 範囲:絵画から読み解くフランス宗教戦争)
上智大学出版   2019年7月   (ISBN:9784324106709)   

講演・口頭発表等

 
 
問題提起:歴史遺産・信仰空間としてのパリ・ノートルダム大聖堂
坂野 正則   
パリ・ノートルダム大聖堂の再生へ向けてー歴史/信仰/空間から考えるー   2019年10月19日   
 
近世フランスの植民地都市とカリブ海域
坂野 正則   
都市史学会大会シンポジウム「植民地と都市そして地域」   2017年12月10日   
 
フランス初期宗教改革再考 -改革・教会・信仰-
坂野 正則   
日本キリスト教史学会第68回大会公開討論   2017年9月16日   [招待有り]
 
(ラウンド・テーブル)「フランス史との出会い、重なりあう軌跡」
坂野 正則   
談論集会「歴史・交流・他者」   2015年3月21日   
 
Le Languedoc comme frontière religieuse ( XVIIe-XVIIIe siècles)
SAKANO Masanori   
Le colloque international 'Histoire de territoires dans Le Languedoc médiéval et moderne'   2014年10月11日   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
歴史学特講(フランス史の諸問題) (上智大学文学部史学科)
 
   
 
西洋史 (上智大学)
 
   
 
キリスト教の歴史 (上智大学神学部)
 
   
 
越境文化論 (武蔵大学人文学部ヨーロッパ文化学科)
 
   
 
ヨーロッパ都市論 (武蔵大学人文学部ヨーロッパ文化学科)

所属学協会

 
 
   
 
都市史学会
 
   
 
史学会
 
   
 
日仏歴史学会
 
   
 
フランス宗教史学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
テロワールによって捉える土地と文化の新たな領域史の構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(A)
中川 理 赤松 加寿江 加藤 玄 伊藤 毅 杉浦 未樹 大田 省一 岸 泰子 上杉 和央 中島 智章 坂野 正則 野村 啓介 
研究期間: 2017年4月 - 2022年3月
 
近代アジアと日本の女性の社会観の形成における国際教育修道会の影響に関する比較研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
佐々木 裕子 市川 誠 大迫 章史 坂野 正則 
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月
 
近世フランスにおける修道院の空間構成と社会的役割に関する基礎的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究(B)
坂野 正則 
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月
 
ヨーロッパ・地中海世界における異宗教・異宗派間の相剋と融和をめぐる比較史研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(A)
深沢 克己 齊藤 寛海 黒木 英充 西川 杉子 堀井 優 勝田 俊輔 千葉 敏之 加藤 玄 踊 共二 宮野 裕 坂野 正則 辻 明日香 宮武 志郎 那須 敬 山本 大丙 藤崎 衛 
研究期間: 2009年 - 2012年

上智大学研究シーズ集

上智大学の研究シーズを紹介しています。