言語の選択:

「上智大学教員教育研究情報データベース」について

上智大学は創立以来、学生本位の教育と研究を実践してきました。
本学での教育を受けた卒業生が広く社会で活躍しているのは、その成果の表われと考えています。

このような成果を上げている本学教員の教育と研究についての情報を、キャンパス内だけではなく、
広く学外にも発信するために、「上智大学教員教育研究情報データベース」を構築することとなりました。
本データベースの公開を通じて、情報の発信・交換を行なうことにより、更なる教育・研究活動の高揚を図ります。
発信者、受信者の両者にとって有益なデータベースになることを願っています。

お問合せ
研究推進センター
 

研究者業績

 

服部 隆

 
アバター
研究者氏名服部 隆
 
ハットリ タカシ
所属上智大学
部署文学部国文学科
職名教授
学位文学修士(上智大学)
科研費研究者番号10289598
J-Global ID200901075933433780

プロフィール

教育活動:学生が自発的に自分の言葉で表現する態度を期待している。1)全学共通科目では、学生の国語力の向上とともに、国語史を現代的な観点から捉え直すことを目指し、「文章構成法」では、講義と並行して作文の添削を行っている。2)学科科目では、特講で現代日本語の文法を記述的な観点から論ずるとともに、演習で明治時代の言語状況を国語史・国語学史的観点から精査し、それを現代の国語および国語研究と関連づけるよう努めている。
研究活動:以下の3点について研究を行っている。1)明治期を中心とした文法学説史:西周・大槻文彦・松下大三郎・山田孝雄など、個々の文法論がどのような過程を経て成立したかを調査する。また合わせて、品詞論・統語論の研究史が概観できる19世紀文法術語索引を作成中である。2)江戸時代のオランダ語研究に見られる日本語意識:江戸時代のオランダ語文法書および蘭和辞書を資料にしながら、オランダ語研究と日本語研究の交渉について調査を行う。3)近代文体の発生史:明治期における言文一致文体の成立史について、資料調査とともに、分析のための方法論を模索する。(研究テーマ)
日本語文法研究史に関する研究
近代日本語の文章・文体に関する研究(文章史および教授法)
日本語の語構成に関する研究

研究キーワード

 
明治時代 ,文法 ,文章論 ,国語学史 ,語構成 ,形態論 ,漢字 ,作文教育

研究分野

 
  • 人文・社会 / 日本語学 / 

経歴

 
1997年4月
 - 
1998年3月
福岡女学院大学  助教授 
 
1990年4月
 - 
1997年3月
福岡女学院大学  講師 
 
1987年2月
 - 
1990年3月
国立国語研究所  研究員 
 

論文

 
 
服部隆   
上智大学国文学科紀要   (37) 266-249   2020年3月   
 
服部隆   
国語と国文学   96(5) 131-143   2019年5月   [招待有り]
十九世紀のオランダ語・日本語文典の品詞分類について、漢語学の語分類観がそれを下支えする状況を概観するとともに、明治以降の文法研究においても、その影響が伏流のように流れ続けている点を指摘した。
 
服部隆   
上智大学国文学科紀要   (32) 179-207   2015年3月   
二葉亭四迷『浮雲』における助詞を伴わない主題・主格表現の分布を調査し、単なる文語的表現の残存ではない無助詞表現の発生理由を考えた。
 
服部隆   
上智大学国文学科紀要   (31) 1-38   2014年3月   
明治前期の日本語文法研究において、伝統的な「テニヲハ」が「語分類」「活用」「係り結び」の3つの観点から捉えられていたことを確認するとともに、それがその後の近代的な文法研究に影響を与えていく過程を考察した。
 
服部 隆   
上智大学国文学科紀要   (30) 17-54   2013年3月   
山田美妙「武蔵野」の地の文における文末時制を読売新聞連載テキストと単行本所収テキストの間で比較し、前者から後者への改変が現代小説における時制選択により近づく形で行われていることを確認した。

MISC

 
 
服部隆   
上智大学国文学科紀要   (34) 1-36   2017年3月   
本論文では、明治時代の文語を対象とした教科書文典における助動詞の範囲、および当時の文体との関係を検討した。
 
服部 隆   
上智大学国文学科紀要   (33) 35-69   2016年3月   
本論文では、西周が参照した西洋文典として、箕作阮甫翻刻『和蘭文典前編』(天保十三年)と手塚律蔵・西周助閲『伊吉利文典』(刊年不明・原本一八五〇年)を取り上げ、「ことばのいしずゑ」の品詞の定義に『和蘭文典』の記述と一致する箇所が存在すること、「ことばのいしずゑ」の文典組織に『伊吉利文典』が影響している点を、指摘した。
そのうえで、留学の際に西周がオランダ語の授業を受けたとされるvan Dijkの執筆した"Nederlandsche Spraakkunst voor Inrichtingen ...
 
服部隆   
日本語の研究   6(3) 5-8   2010年7月   [招待有り]

書籍等出版物

 
 
服部, 隆(担当:共著, 範囲:第4章文法研究史 2.主要文法学説 456-474)
朝倉書店   2021年9月   (ISBN:9784254510669)
 
服部 隆(担当:共著, 範囲:72-83)
朝倉書店   2020年7月1日   
山田美妙「武蔵野」「蝴蝶」の語彙を語種・品詞の分布から計量的に比較し、常体・敬体という文体差は語彙の選択に影響を与えていないことを指摘した。また併せて、使用語彙の大槻文彦編『日本辞書言海』への収録状況を確認し、山田美妙が言文一致体小説にふさわしい語彙を意識的に選択していた可能性を論じた。
 
 
服部 隆(担当:単著)
ひつじ書房   2017年2月17日   (ISBN:9784894768376)   
明治時代は、江戸時代の伝統的国語研究が「発見」した日本語文法を、西洋的なフィルターを通して「語り直す」時代であった。本書は、伝統的国語研究と西洋文典の利用法の検討から、品詞論・統語論において品詞の分類法や文法論上の諸概念が確立していった過程を明らかにするとともに、西周・松下大三郎による文法研究の背景、さらに文法用語の変遷を取り上げ、今日に通じる文法論の基盤が明治期に成立してゆく過程を、系統的・総合的に記述することを目指した。
 
2016年9月   
「レポート⑫ 『浮雲』の「だ」と「である」」P147-158を担当・共著。

講演・口頭発表等

 
 
二葉亭四迷『浮雲』における主題・主格相当の「無助詞」表現
2015年1月24日   日本近代語研究会   
二葉亭四迷『浮雲』における助詞を伴わない主題・主格表現の分布を調査し、単なる文語的表現の残存ではない無助詞表現の発生理由を考えた。

所属学協会

 
 
   
 
日本語文法学会
 
   
 
鈴屋学会
 
   
 
計量国語学会
 
   
 
近代語研究会
 
   
 
日本語学会(旧・国語学会)

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
 
研究期間: 2016年6月 - 2017年2月
 

上智大学研究シーズ集

上智大学の研究シーズを紹介しています。