言語の選択:

経済学部

研究者リスト >> 竹田 陽介
 

竹田 陽介

 
アバター
研究者氏名竹田 陽介
 
タケダ ヨウスケ
URL
所属上智大学
部署経済学部経済学科
職名教授
学位修士(経済学)(東京大学)
科研費研究者番号20266068
J-Global ID200901045308500200

プロフィール

専攻:マクロ経済学.
分野:貨幣,金融政策,イノベーションと創造的破壊,家族,共感,期待形成,ポピュリズム.
教育:大学(マクロ経済学,金融論),日本銀行(実証マクロ経済学),財務省(金融論).(研究テーマ)
最適な金融システムの構築と国債管理
貨幣集計量と金融政策
中央銀行の金融市場との対話と自然言語処理
沖縄の家族
イノベーションと創造的破壊
共感
産業連関のネットワークとマクロ経済(共同・受託研究希望テーマ)
沖縄の家族

研究キーワード

 
input-output relations ,共感 ,イノベーション ,家族 ,aggregation ,identification ,季節性 ,名声均衡 ,インフレーション・バイアス ,利子率の平準化 ,communication ,expectations

研究分野

 
  • 人文・社会 / 金融、ファイナンス / 
  • 人文・社会 / 公共経済、労働経済 / 
  • 人文・社会 / 経済政策 / 
  • 人文・社会 / 経済政策 / 
  • 人文・社会 / 理論経済学 / 

経歴

 
2000年4月
 - 
2001年3月
京都大学  非常勤講師 
 

受賞

 
2013年
毎日新聞エコノミスト, エコノミスト賞,非伝統的金融政策の経済分析―資産価格からみた効果の検証
竹田陽介 矢嶋康次 
 

論文

 
 
 
 
竹田陽介   
金融経済研究   (39)    2017年3月   [招待有り]
 
慶田昌之   竹田陽介   
ディスカッションペーパー      2017年   [招待有り]
 
竹田陽介   打田委千弘   
ディスカッションペーパー      2015年   [招待有り]

書籍等出版物

 
 
竹田 陽介(担当:共著)
2017年      
 
竹田 陽介(担当:共著)
日本経済新聞出版社   2013年11月15日      
 
竹田 陽介(担当:共著)
日本評論社   2011年5月   (ISBN:9784535556270)   
少子・高齢化のマクロ経済的帰結ー予期しないインフレのリスクと物価連動債の役割
 
竹田 陽介(担当:共著)
上智大学出版   2011年3月15日   (ISBN:9784324092033)   
プラグマティズムと経済政策
 

講演・口頭発表等

 
 
 
TAKEDA YOSUKE   Atsuko Ueda   
2006 Meeting, Society for Economic Dynamics   2006年6月   Society for Economic Dynamics   
 
 

所属学協会

 
 
   
 
数理社会学会
 
   
 
情報理論とその応用学会
 
   
 
人工知能学会
 
   
 
日本金融学会
 
   
 
日本経済学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
日銀の非伝統的金融政策の情報効果:コミュニケーション戦略の変化を考慮した実証分析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
慶田 昌之 竹田 陽介 
研究期間: 2021年4月 - 2024年3月
 
親族企業の事業承継の安定性に関する理論と社会資本の影響も考慮した実証:沖縄の事例
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
打田 委千弘 竹田 陽介 
研究期間: 2021年4月 - 2024年3月
 
ポストコロナ危機におけるサプライチェーンの安定性に関する動学的ネットワーク分析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
竹田 陽介 
研究期間: 2021年4月 - 2024年3月
 
中央銀行のバランスシートの正常化に向けた国債管理に関する理論と実証分析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
竹田 陽介 
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月
 

社会貢献活動

 
 
 
 
【その他】
 2001年