言語の選択:

法学部 法律学科

研究者リスト >> 矢島 基美
 

矢島 基美

 
アバター
研究者氏名矢島 基美
 
ヤジマ モトミ
所属上智大学
部署法学部法律学科
職名教授
学位法学修士(上智大学)
科研費研究者番号20230203
J-Global ID200901063626492118

プロフィール

(研究テーマ)
財産権の保障に関する研究
自己決定権に関する研究
国民主権下における王制・天皇制に関する研究

研究キーワード

 
生命倫理 ,公共の福祉 ,財産権 ,自己決定

研究分野

 
  • 人文・社会 / 公法学 / 

経歴

 
2006年10月
 - 
2006年12月
裁判所職員総合研修所長  書記官養成課程研修講師 
 
2005年4月
 - 
2006年3月
日本大学法学部  非常勤講師 
 
2002年10月
 - 
2003年1月
裁判所書記官研修所  非常勤講師 
 
2000年4月
 - 
2001年3月
日本大学  非常勤講師 
 
1999年4月
 - 
2000年3月
青山学院女子短期大学  非常勤講師 
 

委員歴

 
2006年4月
 - 
2008年3月
文部科学省  教科用図書検定調査審議会臨時委員
 
2003年4月
 - 
2005年3月
宇宙開発事業団  有人研究倫理委員会委員
 
2002年12月
 - 
2004年3月
国分寺市役所  国分寺市特別職報酬等審議会委員
 
2002年6月
 - 
2004年3月
国立精神・神経センター  国立精神・神経センター倫理委員会委員
 
2002年5月
 - 
2004年3月
国立精神・神経センター  倫理委員会武蔵地区部会委員
 

論文

 
 
滝沢正先生古稀記念『いのち、裁判と法』   188-207   2017年3月   
 
矢島基美   
高見勝利先生古稀記念『憲法の基底と憲法論』   175-193   2015年5月   
 
矢島基美   
現代人権論の起点(上智大学法学叢書, 第35巻)   67-89   2015年3月   
 
矢島基美   
現代人権論の起点(上智大学法学叢書, 第35巻)   93-123   2015年3月   
 
矢島基美   
現代人権論の起点(上智大学法学叢書, 第35巻)   154-171   2015年3月   

書籍等出版物

 
 
矢島 基美(担当:単著)
有斐閣   2015年3月1日   (ISBN:9784641131590)   
 
2011年3月30日   
主に法科大学院生向けの教材として作成したもの
 
矢島 基美(担当:共著, 範囲:353-367,482-498)
信山社   2011年3月30日   (ISBN:9784797225860)   
 
矢島 基美(担当:共著, 範囲:724-731)
青林書院   2008年7月20日   (ISBN:9784417014485)   
 
2007年4月3日   
法科大学院の「憲法」科目の演習用教材として作成した前著の改訂版(共著)。

講演・口頭発表等

 
 
ベルギーにおける立憲君主制の意義と可能性
日白修好150周年記念シンポジウム「文化・知の多層性と越境性へのまなざし」   2016年12月11日   

所属学協会

 
 
   
 
日本公法学会
 
   
 
比較法学会
 
   
 
日仏法学会
 
   
 
全国憲法研究会

社会貢献活動

 
 
【その他】
 2015年6月10日 - 2015年10月31日
 
【その他】
 2014年11月7日 - 2015年6月3日
 
 
 
【その他】
 2013年10月18日 - 2014年10月31日

その他

 
 
法学部開講科目である「比較憲法」および「法律学特殊講義Ⅰ(国際人権法)」(いずれも半期2単位)については、講義用の教材として、内容的にも価格的にも適切な出版物に恵まれているわけでは必ずしもない。このため、受講生の便宜を考え、毎回、講義用レジュメ(おおむねB4サイズで1ないし1.5枚)を作成のうえ、配布している。
 
 
ゼミ受講生は、みずからの選択したテーマにかかわり、前期(春学期)、後期(秋学期)にそれぞれ報告をおこなうが、後期(春学期)末には、その報告を踏まえた論文を作成し、提出することが課題とされている。ゼミ修了論文集は、そこで提出のあったゼミ論文を一冊の論文集として取りまとめ、ゼミ受講生全員に配布することとしている。
 
 
演習(ゼミ)のイントロダクションとして、ゼミにおける報告の仕方、および、論文の書き方について指導をおこなっている。前者では、報告のスタイルに応じたレジュメの書き方、後者では、論文の構成、引用・引照文献の取り扱い方が含まれ、また、両者ともに、その前提となる文献・資料の収集・整理の方法について具体例を示しながら説明を加えている。