言語の選択:

理工学部 物質生命理工学科

研究者リスト >> 安増 茂樹
 

安増 茂樹

 
アバター
研究者氏名安増 茂樹
 
ヤスマス シゲキ
所属上智大学
部署理工学部物質生命理工学科
職名教授
学位理学博士(上智大学)
科研費研究者番号00222357
J-Global ID200901055266938036

プロフィール

授業科目は、理工学総論I、分子遺伝学、発生生物学等を担当している。授業は、プリントを配布しそれに沿って行う。単元の終了時にビデオまたはパワーポイントを用いる授業を加え、復習を兼ねて映像により理解を深めるよう努力している。同時に簡単な問題を出し回答させる。その際、学生よりの質問を受け付けることで学生の理解度を把握しつつ授業を展開する。(研究テーマ)
孵化酵素の分子生物学
孵化酵素の卵膜分解機構

研究キーワード

 
メダカ ,孵化酵素 ,卵膜

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 発生生物学 / 
  • ライフサイエンス / 分子生物学 / 

学歴

 
1978年4月
 - 
1983年3月
早稲田大学 教育学部 理学科
 

受賞

 
1993年
加藤淑裕記念賞受賞
 

論文

 
 
Mari Kawaguchi   Wen-Shan Chang   Hazuki Tsuchiya   Nana Kinoshita   Akira Miyaji   Ryouka Kawahara-Miki   Kenji Tomita   Atsushi Sogabe   Makiko Yorifuji   Tomohiro Kono   Toyoji Kaneko   Shigeki Yasumasu   
Cell and Tissue Research      2023年5月
 
Yuko Nakano   Tatsuki Nagasawa   Yohei Okazawa   Naoya Mashiko   Shigeki Yasumasu   Mari Kawaguchi   
Journal of Experimental Zoology Part B: Molecular and Developmental Evolution      2023年4月
 
Satoshi Horikoshi   Miho Iwabuchi   Mari Kawaguchi   Shigeki Yasumasu   Nick Serpone   
Photochemical & Photobiological Sciences      2022年7月   [査読有り]
 
Akari Harada   Ryotaro Shiota   Ryohei Okubo   Makiko Yorifuji   Atsushi Sogabe   Hiroyuki Motomura   Junya Hiroi   Shigeki Yasumasu   Mari Kawaguchi   
Placenta   120 88-96   2022年2月   [査読有り]
INTRODUCTION: Fishes of the Syngnathidae family are rare in having male pregnancy: males receive eggs from females and egg development occurs in the male brood pouch that diverged during evolution. The family is divided into two subfamilies: Nerop...
 
Kaori Sano   Sho Shimada   Hideki Mibu   Mizuki Taguchi   Takasumi Ohsawa   Mari Kawaguchi   Shigeki Yasumasu   
Journal of experimental zoology. Part B, Molecular and developmental evolution      2022年2月   [査読有り]
The zona pellucida (ZP) protein constitutes the egg envelope, which surrounds the vertebrate embryo. We performed a comprehensive study on the molecular evolution of ZP genes in Teleostei by cloning and analyzing the expression of ZP genes in fish...

MISC

 
 
長澤竜樹   川口眞理   矢野十織   磯山翔   安増茂樹   岡部正隆   
口頭発表    2018年8月   
 
長澤竜樹   川口眞理   矢野十織   安増茂樹   岡部正隆   
口頭発表    2017年9月   
 
長澤竜樹   川口眞理   矢野十織   安増茂樹   岡部正隆   
ポスター発表    2017年8月   
 
〇Nagasawa T   Kawaguchi M   Yano T   Yasumasu S   Okabe M   
   2017年8月   
 
長澤竜樹   佐野香織   川口眞理   小林健一郎   安増茂樹   井口智文   
生化学   第88巻(第3号) 429-429   2016年   [招待有り]

書籍等出版物

 
 
安増 茂樹(担当:単著, 範囲:chapter 24, pp361-374.)
Springer   2011年1月   (ISBN:9784431926900)   
 
安増 茂樹(担当:共著, 範囲:Chaptor 6.1.3 187-191, 6.2 252-255)
Wiley-Blackwell   2009年1月   (ISBN:9780813808710)   
 
安増 茂樹(担当:共著, 範囲:445-456)
Springer Japan   2003年   (ISBN:4431004580)   
 
安増 茂樹(担当:共著, 範囲:475-495)
Science Publishers   1997年   (ISBN:157808010X)   
 
安増 茂樹(範囲:247-257)
Dr. Kovač   1997年   (ISBN:3860646249)   

所属学協会

 
 
   
 
日本進化学会
 
   
 
日本動物学会会員
 
   
 
日本発生生物学会会員

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
細胞外基質アリールスルファターゼの分子環境の構築と形態形成制御機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
中坪 敬子 秋元 義弘 安増 茂樹 
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月
 
卵膜タンパク質と孵化酵素遺伝子の分子共進化
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
安増 茂樹 佐野 香織 川口 眞理 
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月
 
細胞外基質アリールスルファターゼの組織特異的な分子環境と形態形成 制御機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
中坪 敬子 安増 茂樹 秋元 義弘 
研究期間: 2010年 - 2012年
 
酵素と基質の分子共進化の研究-硬骨魚の孵化の機構をモデルとして
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
安増 茂樹 西田 睦 永田 宏次 
研究期間: 2009年 - 2011年