言語の選択:

理工学部

研究者リスト >> 星野 正光
 

星野 正光

 
アバター
研究者氏名星野 正光
 
ホシノ マサミツ
所属上智大学
部署理工学部物質生命理工学科
職名教授
学位学士(理学)(上智大学), 修士(理学)(上智大学), 博士(理学)(上智大学)
科研費研究者番号40392112
J-Global ID200901077581382171

プロフィール

2001年-2004年 上智大学理工学研究科物理学専攻博士後期課程 電子物性研究室
および独立行政法人理化学研究所 山崎原子物理研究室ジュニアリサーチアソシエイトとして、多価イオン衝突を研究
2004年-2005年 独立行政法人理化学研究所 山崎原子物理研究室 基礎科学特別研究員として、多価イオン衝突を研究
2005年-現在 上智大学理工学部物質生命理工学科 電子物性研究室にて、低エネルギー電子分光、陽電子散乱実験、解離性電子付着、および放射光科学について研究低速多価イオン、低エネルギー電子・陽電子、シンクロトロン放射光を用いた原子・分子の励起過程の研究。様々な角度から原子・分子の励起過程およびその衝突ダイナミクスの解明を目的とする。(研究テーマ)
低速多価イオン、低エネルギー電子・陽電子、およびシンクロトロン放射光を用いた原子・分子の励起過程の研究
飛行時間差法を用いた低エネルギー電子衝撃による分子の非弾性散乱閾値の精密分光
低エネルギー陽電子衝撃による原子・分子非弾性散乱過程の精密分光
熱励起分子を含むプラズマ関連分子の電子衝突励起過程の研究
電子サイクロトロン共鳴イオン源のための汎用ビームラインの建設
プラズマ関連分子の真空紫外線吸収スペクトルの精密分光
低エネルギー電子と金属表面散乱過程の研究
変角振動励起分子からの真空紫外吸収断面積の精密測定

研究キーワード

 
電子分光 ,電子分光 ,閾分光 ,TOF法 ,表面散乱 ,真空紫外線吸収 ,原子衝突 ,分子線加熱 ,真空紫外線吸収 ,原子・分子 ,非弾性散乱 ,電子サイクロトロン共鳴型イオン源 ,陽電子 ,励起分子 ,変角振動励起分子 ,原子・分子物理 ,プラズマ関連分子

研究分野

 
  • 自然科学一般 / 半導体、光物性、原子物理 / 

論文

 
 
P. Limão-Vieira   N. C. Jones   S. V. Hoffmann   D. Duflot   M. Mendes   A. I. Lozano   F. Ferreira   da Silva   G. García   M. Hoshino   H. Tanaka   
The Journal of Chemical Physics   151 184302-1-184302-17   2019年11月   [査読有り]
 
T Okumura   N Kobayashi   A Sayama   Y Mori   H Akasaka   K Hosaka   T Odagiri   M Hoshino   M Kitajima   
Journal of Physics B: Atomic, Molecular and Optical Physics   52(3) 035201   2019年2月   [査読有り]
 
M. Hoshino   H. Kato   N. Kuze   H. Tanaka   H. Fukuzawa   K. Ueda   R. R. Lucchese   
Journal of Physics B: Atomic, Molecular and Optical Physics   51(6) 065402-1-065402-10   2018年3月   [査読有り]
The central (Nc) and terminal (Nt) nitrogen K-shell photoelectron spectra (PESs) of N2O molecules have been measured in the σ shape resonance energy region at temperatures of ∼300 and ∼630 K. Estimating vibrational populations based on the Boltzma...
 
N. Hishiyama   M. Hoshino   F. Blanco   G. García   H. Tanaka   
Journal of Chemical Physics   148(8) 084313(1)-094313(10)   2018年2月   [査読有り]
As a sequel paper to our study of the elastic scattering for electron collisions with phosphorus trifluoride, PF3 molecules, we report absolute inelastic differential and integral cross sections (DCS and ICS) of vibrational excitations for the com...
 
N. Hishiyama   M. Hoshino   F. Blanco   G. Garcia   H. Tanaka   
JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS   147(22) 224308-1-224308-10   2017年12月   [査読有り]
We report absolute elastic differential cross sections (DCSs) for electron collisions with phosphorus trifluoride, PF3, molecules (e(-) + PF3) in the impact energy range of 2.0-200 eV and over a scattering angle range of 10 degrees-150 degrees. Me...

MISC

 
 
M. Hoshino   M. Matsui   Y. Mochizuki   T. Odagiri   A. Kondo   K. Shigemura   M. Kitajima   N. Watanabe   J. Adachi   P. Limão-Vieira   H. Tanaka   
Journal of Physics: Conference Series   635 112055-1-1   2015年9月   [査読有り]
 
M. Hoshino   H. Murai   H. Kato   Y. Itikawa   M. J. Brunger   H. Tanaka   
CHEMICAL PHYSICS LETTERS   626 111-111   2015年4月   
 
M. Hoshino   H. Murai   H. Kato   M. J. Brunger   Y. Itikawa   H. Tanaka   
JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS   142(12)    2015年3月   
 
松井 翠   福岡 健武   望月 有   加藤 英俊   星野 正光   Limao-Vieira P.   田中 大   
日本物理学会講演概要集   69(2) 77-77   2014年8月
 
望月 有   村井 肇   加藤 英俊   星野 正光   田中 大   
日本物理学会講演概要集   69(2) 77-77   2014年8月

書籍等出版物

 
 
2017年4月1日   
これまで行ってきた原子分子B(大学院)科目における講義スライドの改訂、および配布用の講義メモの新規作成を行い、短い時間での講義の効率化と学生の予習度を確認する工夫を行う。
 
 
 
 

講演・口頭発表等

 
 
丸山航平   星野正光   
原子衝突学会第46回年会   2021年10月27日   
 
星野正光   丸山航平   要藤明洋   菱山直樹   
日本物理学会2021年秋季大会   2021年9月20日   
 
丸山航平   星野正光   
日本物理学会2021年秋季大会   2021年9月20日   
 
 
丸山航平   星野正光   
日本物理学会第76回年次大会   2021年3月14日   

所属学協会

 
 
   
 
日本物理学会
 
   
 
原子衝突学会
 
   
 
原子分子データ応用フォーラム
 
   
 
日本放射光学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
プラズマモデリングの高精度化を目指した電子衝突断面積の精密定量測定
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
星野 正光 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
 
 
研究期間: 2008年 - 2009年
 
低エネルギー陽電子衝撃による原子・分子非弾性散乱過程の精密分光
松尾学術振興財団: 第19回松尾学術振興財団助成金
研究期間: 2007年4月 - 2008年3月

社会貢献活動

 
 
【運営参加・支援】
日本物理学会 2020年4月1日 - 2022年3月31日
 
【運営参加・支援】
原子衝突学会 2020年4月1日 - 2022年3月31日
 
【その他】
 2017年4月1日 - 2019年3月31日
 
【その他】
 2014年10月1日 - 2016年11月
 
【その他】
 2012年4月1日 - 2014年3月31日

その他

 
 
研究室の大学院生および研究生に対し、これまでの大学授業とはまったく異なる研究環境における取り組み方の指導を基礎から行っている。具体的には、レポート・学術論文の書き方、特に英文での執筆、プレゼンテーションの方法、さらに資料の集め方、読み方、実験作法について具体的な指導をすることで、学生が研究へ興味を持てるよう心がけている。また、欧文学術論文を自ら読み、発表する場を与えることで、研究に対する基本姿勢も
 
 
関連分野のテキストを数冊用意し、学生のレベル・理解度に合わせて適切なテキストをゼミの教科書として用いるよう工夫している。また、自分の理解度を他の学生の前で発表し、質疑応答する時間をとることで、学生が自ら考え、調べ、理解できるように気を配って指導している。
 
 
研究室における研究の性質上、様々な海外のグループと積極的に共同研究を行ってきた。最先端の研究現場に触れることができる、さらに英語を使って研究を進める等の機会を積極的に学生に与え、研究の基礎および英語教育まで視野に入れた課外共同研究を積極的に進めている。
 
 
2005年4月 - 2008年3月
物理学科2年生の演習授業において、本授業との食い違いが生じないよう念入りに担当教員と打ち合わせをし進度を合わせる、あるいは相補的に授業を行うことで学生の混乱を避けるよう工夫をしている。また、実際に学生に問題を「解く」時間を与え、机間巡回において学生の理解度を把握するよう心がけ、臨機応変に解説問題の変更や基本の確認を行うようにしている。
 
 
2005年4月 - 2008年3月
物理学科3年生の学生実験は少人数選択性のため、各個人の理解度や実験に対する姿勢を把握するよう心がけ、実験を安全に興味を持って取り組める工夫をしている。また本年度より開講された物質生命理工学科の基礎物理実験では、初めての学生でも理解できるよう丁寧な解説および学生を指名して簡単な質問に答えさせるなど、興味を持って取り組めるように心がけている。