言語の選択:

「上智大学教員教育研究情報データベース」について

上智大学は創立以来、学生本位の教育と研究を実践してきました。
本学での教育を受けた卒業生が広く社会で活躍しているのは、その成果の表われと考えています。

このような成果を上げている本学教員の教育と研究についての情報を、キャンパス内だけではなく、
広く学外にも発信するために、「上智大学教員教育研究情報データベース」を構築することとなりました。
本データベースの公開を通じて、情報の発信・交換を行なうことにより、更なる教育・研究活動の高揚を図ります。
発信者、受信者の両者にとって有益なデータベースになることを願っています。

お問合せ
研究推進センター
 

研究者業績

 

木村 洋

 
アバター
研究者氏名木村 洋
 
キムラ ヒロシ
URL
所属上智大学
部署文学部国文学科
職名准教授
学位学士(文学)(神戸大学), 修士(文学)(神戸大学), 博士(文学)(神戸大学)
J-Global ID200901088567809431

プロフィール

専門は日本近代文学。1981年生まれ。2004年3月、神戸大学文学部卒業。2007年3月、神戸大学大学院文学研究科修了。2010年3月、神戸大学大学院人文学研究科修了。2009年4月~2010年3月、日本学術振興会特別研究員DC2。2010年4月~2011年3月、日本学術振興会特別研究員PD。2011年4月、熊本県立大学文学部講師。2014年4月、同准教授。2018年4月、上智大学文学部准教授(現在に至る)。
※ 日本近代文学会の会員名簿には旧住所が載っています。当方に何かをお送りいただくときには、大学宛の住所をお書きください。
【著書】01 『文学熱の時代 ― 慷慨から煩悶へ』 名古屋大学出版会、2015年11月、全320頁 ※ 第38回サントリー学芸賞受賞(社会・風俗部門、2016年12月)
【論文】18 「ポヱチカルな俗語 ― 二葉亭四迷と民友社」 『上智大学国文学科紀要』37号、2020年3月、161-188頁17 「徳富蘇峰の思想と文体 ―『国民之友』創刊前後」  鈴木健一編『明治の教養 ― 変容する〈和〉〈漢〉〈洋〉』勉誠出版、2020年1月、198-217頁16 「人生観の群生 ― 北村透谷以後」 『日本近代文学』100集、2019年5月、15-30頁15 「風景論の移譲 ― 志賀重昂と文学青年」 『言語社会』13、2019年3月、117-131頁14 「徳富蘇峰の人物論 ―「ジヨン、ブライト」『人物管見』『吉田松陰』」 『日本文学』68巻2号、2019年2月、31-42頁13 「「社会の罪」の探索 ― 徳富蘇峰、森田思軒、樋口一葉」 『日本近代文学』97集、2017年11月、1-16頁12 「文学青年の来歴 ― 日露戦争前後」 『民衆史研究』92号、2016年12月、7-20頁11 「告白の奨励 ― 自然主義から婦人問題へ」 『文学』17巻3号、2016年5月、49-66頁10 「徳富蘇峰の文学振興」 『日本文学』64巻6号、2015年6月、27-38頁09 「政治の失墜と自然主義 ― 一九〇八年前後の文壇」 『国文論叢』47号、2013年9月、80-94頁08 「藤村操、文部省訓令、自然主義」 『日本近代文学』88集、2013年5月、1-16頁07 「告白体の高山樗牛」 『国文研究』57号、2012年6月、1-16頁06 「自然主義と道徳 ― 正宗白鳥の初期作品をめぐって」 『国文論叢』44号、2011年3月、51-65頁05 「明治後期文壇における「告白」 ― 梁川熱から自然主義へ」 『日本近代文学』81集、2009年11月、33-48頁04 「平民主義の興隆と文学 ― 国木田独歩『武蔵野』論」 『日本近代文学』79集、2008年11月、15-29頁03 「経世と詩人論 ― 徳富蘇峰の批評活動」 『国語と国文学』85巻10号、2008年10月、41-55頁02 「明治中期、排斥される馬琴 ― 松原岩五郎の事例をめぐって」 『日本文学』57巻6号、2008年6月、42-52頁01 「民友社史論と国木田独歩 ― 「経世家風の尺度」との葛藤」 『日本文学』57巻2号、2008年2月、32-42頁
【その他】16 「学界時評 ― 近代」 『アナホリッシュ國文學』9号、2020年11月、206-207頁15 「書評 吉田竜也著『正宗白鳥論』」 『国文学研究』192号、2020年10月、145-147頁14 座談会「「明治文学」を考える」 大橋崇行、出口智之、西田谷洋、木村洋、『文学+』2号、2020年3月、2-45頁13 「学界時評 ― 近代」 『アナホリッシュ國文學』8号、2019年11月、206-208頁12 「『いだてん』深読み事典 文学篇」(談話記事) 『週刊文春』61巻17号、2019年5月9日発行、近藤正高構成11 「嗟呼国民之友生れたり」 『潮』721号、2019年3月、28-30頁10 「講談士、伊藤痴遊」  伊藤痴遊『隠れたる事実 明治裏面史』講談社文芸文庫、2018年9月、543-555頁09 「書評 田口道昭著『石川啄木論攷 青年・国家・自然主義』」 『日本近代文学』98集、2018年5月、287-290頁08 「少年哲学者の歴史」 『アステイオン』87号、2017年11月、172-176頁07 「書評 光石亜由美著『自然主義文学とセクシュアリティ ―   田山花袋と〈性欲〉に感傷する時代』」 『名古屋大学国語国文学』110号、2017年11月、183-187頁06 「純文学の恩人としての徳富蘇峰」 『総合文化誌 KUMAMOTO』20号、2017年9月、49-52頁05 「関谷博氏の書評について」 『文彩』13号、2017年3月、18-21頁04 「徳富蘇峰と明治文学」 熊本県立大学編『蘇峰の時代』熊日新書、2013年11月、53-75頁03 「文学部シンポジウム記録 「文学は生きているか ― 断崖に立つ文学研究」」(共著) 石原千秋、平野有益、鈴木元、五島慶一、半藤英明、木村洋著 『熊本県立大学大学院 文学研究科論集』6号、2013年9月、1-44頁02 「黒沢明」「白鳥省吾」「浜田青陵」「藤沢浅二郎」「松井千代吉」  日本近代文学会関西支部編『京都近代文学事典』和泉書院、2013年5月01 「笹倉明」「秋吉好」「岩崎爾郞」「岩谷時子」「芹田鳳車」「ほりのぶゆき」「水嶋元」  日本近代文学会関西支部編『兵庫近代文学事典』和泉書院、2011年10月

研究分野

 
  • 人文・社会 / 日本文学 / 

書籍等出版物

 
 
木村 洋(担当:単著)
名古屋大学出版会   2015年10月30日   (ISBN:481580821X)   

所属学協会

 
 
   
 
日本文学協会
 
   
 
日本近代文学会

上智大学研究シーズ集

上智大学の研究シーズを紹介しています。