言語の選択:

Faculty of Economics

研究者リスト >> プテンカラム ジョンジョセフ
 

プテンカラム ジョンジョセフ

 
アバター
研究者氏名プテンカラム ジョンジョセフ
 
プテンカラム ジョンジョセフ
URL
所属上智大学
部署経済学部経済学科
職名教授
学位Master of Arts(Bharatidasan University(India)), 修士(バラティダサン大学), 修士(神学)(上智大学), M.Sc. in Economics(The University of Glasgow), 経済学修士(グラスゴー大学), Doctor of Philosophy(The University of Glasgow), 哲学博士(グラスゴー大学)
科研費研究者番号00306987
J-Global ID200901082102536783

プロフィール

Trustee for Global Academic Affairs, Sophia University,(グローバル推進化担当理事)2016~ Dean, Graduate School of Global Environment (2015-2017) 研究科委員長 2001 『開発経済学 経済開発から人間開発へ』南芸出版,東京 2002 『倫理の理論』南芸出版,東京 2003 『グローバライゼーション』南芸出版,東京 2004 『経済開発の思想と現状』南芸出版,東京 2005 『人間開発:途上国の開発をめざして』南芸出版,東京 2006 『倫理の理論』第2版、南芸出版,東京 2007 『持続可能な開発をめざして』AFJ,東京 2008 先進国と途上国の開発への取り組み』上智大学,東京2008 『先進国と途上国の開発への取り組み,上智大学,東京
社会的弱者が、貧困や差別などから解放され、すべての人々が等しく福利を享受できる社会を実現するためには、経済開発から人間開発へと、その開発の視点を転換する必要があると考える。そこで、人間を取り巻くさまざまな社会的環境や要因を分析し、人間学的な視点から、“エンパワーメント”、“グローバライゼーション”、“企業倫理”という分野を通じて、あるべき“人間開発””地球環境”を研究し、かつ、実践に向けて取り組んでいる。
(研究テーマ) 「環境リテラシー」 開発研究 途上国の経済開発と地球環境問題 「環境・貧困・教育問題に貢献する鉄道ネットワークの構築」 鉄道ネットワークの構築による貧困、教育、環境問題の複合的解決のための方}, 29年度科研費、共同研究Project 2017-21. 「Branding Project Group of Institute for Studies of the Global Environment Research, Sophia University」、   上智大学研究ブランディング事業、共同研究Project 2017-21
(共同・受託研究希望テーマ) 発展途上国における人間の安全保障~アジアとラテンアメリカの比較~ 環境保全・社会開発・経済開発の同時達成をめざした理念研究 21世紀における社会正義促進のための大学教育 現代GP「環境リテラシー」 調査: 中国 (2/26-3-6, 2008) 調査: 沖縄 (3/10-13,2008) 研究開発 「鉄道ネットワークの構築による貧困、教育、環境問題の複合的解決のための方}, 29年度科研費、共同研究Project 2017-21.

研究キーワード

 
途上国 ,途上国 ,地球環境 ,開発目標 (MDGs) ,国際機関 ,開発経済 ,環境 ,教育

研究分野

 
  • 人文・社会 / 経済学説、経済思想 / SDGsの開発理論
  • 人文・社会 / 理論経済学 / 
  • 環境・農学 / 自然共生システム / 

受賞

 
2001年
SENIOR FELLOWSHIP, UNIVERSITAT BONN
 
1998年
STRANIAK PHILOSOPHY PRIZE
 
1990年
STRANIAK PHILOSOPHY PRIZE
 

論文

 
 
Puthenkalam      2020年10月
 
 
Puthenkalam   
   2016年4月
 
   2015年4月
 
   2014年4月

書籍等出版物

 
 
プテンカラム ジョンジョセフ
2017年      
 
Puthenkalam John Joseph(担当:共著, 範囲:429)
Claretian Publications, Bangalore, India   2016年8月1日      
 
プテンカラム ジョンジョセフ(担当:共著, 範囲:NIL)
NIL   2016年6月1日      
 
プテンカラム ジョンジョセフ(担当:共著, 範囲:NIL)
Regal Publications, Delhi   2015年4月1日      
 
プテンカラム ジョンジョセフ(担当:共著, 範囲:361)
Indian Social Institute, Bangalore   2015年1月1日   (ISBN:9788192173702)   

講演・口頭発表等

 
 
 
PUTHENKALAM JOHN JOSEPH   
Indian Social Institute, Bangalore, India   2012年5月10日   Indian Social Institute, Bangalore, India   
 
PUTHENKALAM JOHN JOSEPH   
Rajasthan University, India   2012年3月25日   Rajasthan University, Department of Economics   
 
プテンカラム ジョンジョセフ   
2012年3月18日   St. Xavier's College   
 
PUTHENKALAM JOHN JOSEPH   
63rd International Atlantic Economic Conference of the IAES, Madrid, Spain(Vol.63,No.1)   2007年3月15日   

所属学協会

 
 
   
 
The Royal Ecomic Society
 
   
 
上智人間学会
 
   
 
途上国の環境と開発学会
 
   
 
Economic Development Association
 
   
 
International Atlantic Economic Society

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
鉄道ネットワークの構築による貧困・教育・環境問題の複合的解決のための方法論の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
曄道 佳明 プテンカラム ジョンジョセフ 小松 太郎 山崎 瑛莉 宮武 昌史 伊呂原 隆 
研究期間: 2017年4月 - 2022年3月
 
研究期間: 2007年 - 2008年
 
 
 

社会貢献活動

 
 
【その他】
 2012年8月4日 - 2012年8月24日
 
【その他】
 MEGUKO Students Study Programme, India 2011年8月1日 - 2011年8月25日
 
【その他】
 キリスト教研究 2000年1月1日
 
【その他】
 MEGUKO Students NGO, Sophia University 1999年4月1日
 
【その他】
 「めぐこ」-アジアの子どもたちの自立を支える会-NGO\nアジアの子どもたちの自立を目指して教育支援を行っています。 1998年4月1日

その他

 
 
途上国の環境と開発学会: 設立
 
 
地球環境大学院ゼミでは、各自が研究課題を設定し、分析・理論的考察を行い、それをパワーポイントやスライド等を使用してプレゼンテーションをおこなう形式を採っている。それにより、研究を深めるだけでなく、研究内容をよりよく人に伝える力が育っている。
 
 
地球環境大学院のゼミでは、途上国の環境と開発について各自が国や地域、テーマを選んで研究を進めているが、研究の一環として、夏休みなどを利用して現地に赴いて調査することをすすめ、ほとんどのゼミ生たちが、現地での体験や調査研究を反映させて論文に取り組んでいる。
 
 
学内の講義だけでなく、興味のある領域に関連した課外活動や、調査等、現場に出かけて体験する学びを奨励している。特に開発途上国でのNGOや現地視察などは、学生の大きな学びとなっている。
 
 
毎回、レポートや論文の書式について、参考文献の表記や引用、章立て、論文の展開など、日頃から細かく指導している。