言語の選択:

「上智大学教員教育研究情報データベース」について

上智大学は創立以来、学生本位の教育と研究を実践してきました。
本学での教育を受けた卒業生が広く社会で活躍しているのは、その成果の表われと考えています。

このような成果を上げている本学教員の教育と研究についての情報を、キャンパス内だけではなく、
広く学外にも発信するために、「上智大学教員教育研究情報データベース」を構築することとなりました。
本データベースの公開を通じて、情報の発信・交換を行なうことにより、更なる教育・研究活動の高揚を図ります。
発信者、受信者の両者にとって有益なデータベースになることを願っています。

お問合せ
研究推進センター
 

研究者業績

研究者検索結果一覧 >> 川村 信三
 

川村 信三

 
アバター
研究者氏名川村 信三
 
カワムラ シンゾウ
所属上智大学
部署文学部史学科
職名教授
学位文学修士(関西学院大学), 文学修士(上智大学), Sacred Theology Licenciate(Weston Jesuit School of Theology), カトリック神学教授資格(ウェストンイエズス会神学大学院), Doctor of Philosophy in History(Georgetown University), 歴史学博士(ジョージタウン大学)
科研費研究者番号00317497
J-Global ID200901035529842461

プロフィール

本学文学部史学科および大学院文学研究科史学専攻の講義・ゼミナールにおいて、日本戦国期から近世初期にかけての宗教と社会の関係、および日欧文化交流の実態を解明しようとしている。とくに、わが国の日欧文化交流史を、西洋史とのつながりにおいて、その淵源からとらえる試みをつづけている。(研究テーマ)
戦国期・近世初期におけるわが国異文化交流・理解(東西文化交渉)および宗教と社会の連関。
文化交流事象

研究キーワード

 
東西交渉史 ,日本史 ,宗教学

研究分野

 
  • 人文・社会 / 日本史 / 
  • 人文・社会 / 宗教学 / 

論文

 
 
川村信三   
キリシタン文化研究会会報   (152) 1-31   2018年11月   [招待有り]
豊後切支丹史の重要拠点である「高田」についての「豊後崩れ」以後の史料解説
 
川村信三   
歴史家の窓辺   57-94   2013年6月   [査読有り][招待有り]
 
川村信三   
終末を生きる   131-165   2012年11月   [査読有り][招待有り]
 
川村信三著   
日本キリシタン墓碑総覧 : 南島原市世界遺産地域調査報告書   400-419   2012年3月   
 
川村信三   
日本カトリック神学会誌   (22) 15-41   2011年8月   
日本カトリック神学会2011年度学術大会の基調テーマ「カトリック教会のカテキズム」におけるシンポジウム発題に加筆したもの。

書籍等出版物

 
 
川村 信三(担当:共著, 範囲:p. 83-100)
慶応義塾大学出版会   2019年2月28日   (ISBN:9784766425871)   
キリスト教における「寛容」というテーマを日本史および西洋史の観点から考察したもの。
 
 
川村 信三(担当:単著)
教文館   2016年10月20日   (ISBN:9784764261167)   
 
川村 信三(担当:共著, 範囲:p. 163-184)
教文館   2016年8月30日   (ISBN:9784764261181)   
 
川村 信三(担当:共著, 範囲:p.22-47, p.144-175)
上智大学出版   2015年12月30日   (ISBN:9784324099452)   

講演・口頭発表等

 
 
豊後国高田庄肥後領切支丹文書から読み解く豊後キリシタンの消長
川村信三   
マレガ・プロジェクト研究会   2018年7月8日   マレガ・プロジェクト(国文学研究所・東京大学史料編纂所)   [招待有り]
 
日本カトリック史:明治宣教後の歩み
川村信三   
カトリック大阪教区司牧者研修会   2018年6月5日   カトリック大阪大司教区   [招待有り]
 
日本近現代カトリック史の再考
川村信三   
日本カトリック司教総会勉強会   2018年2月21日   日本カトリック司教総会   [招待有り]
 
教皇ピウス9世と日本の信徒発見
カトリック萩・山口地区合同研修会   2017年11月11日   [招待有り]
 
Pius IX and Japan: The History of the Miracle of the East.
Shinzo Kawamura, S.J   
75 the Anniversary of Diplomatic Relations Between Japan and the Holy See.   2017年10月12日   Embassy of Japan to the Holy See, Pontifical Gregorian University, Japan Catholic Central Conference.   [招待有り]

所属学協会

 
 
   
 
キリスト教史学会
 
   
 
キリシタン文化研究会
 
   
 
日本カトリック神学会
 
   
 
日本宗教学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月
 
カトリック系人文h杉教育と日本―イエズス会を中心に―
日本学術振興会: 科学研究費
桑原直巳 
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月
 
 
 

その他

 
 
NHK ラジオ深夜便 ないとエッセー 「戦国大名の異文化交流」4回シリーズ
 
 
NHK 大河ドラマ 『軍師官兵衛』キリスト教考証を担当
 
 
本ゼミに入り、博士課程に在籍している大学院生の海外学術会議並びに調査に積極的に参加する機会をつくるべく、大学院生の学会参加、調査を奨励し、それにもとづく報告書と発表によって研究者としての実体験を積ませた。実際は、2006年マカオにおける国際シンポジウムの参加、2007年の北京国家図書館のキリシタン版調査に帯同した。また、長崎歴史都市研究のための長期滞在を実施した。
 
 
卒業論文作成者を主たる対象として、毎年一回、合宿拡大ゼミを実施している。\n卒業論文作成者には、論文内容の提示および参加者からの質疑対応、その他の参加学生には学会発表形式で質疑、コメントなどの実地訓練を施す。
 
 

上智大学研究シーズ集

上智大学の研究シーズを紹介しています。