言語の選択:

「上智大学教員教育研究情報データベース」について

上智大学は創立以来、学生本位の教育と研究を実践してきました。
本学での教育を受けた卒業生が広く社会で活躍しているのは、その成果の表われと考えています。

このような成果を上げている本学教員の教育と研究についての情報を、キャンパス内だけではなく、
広く学外にも発信するために、「上智大学教員教育研究情報データベース」を構築することとなりました。
本データベースの公開を通じて、情報の発信・交換を行なうことにより、更なる教育・研究活動の高揚を図ります。
発信者、受信者の両者にとって有益なデータベースになることを願っています。

お問合せ
研究推進センター
 

研究者業績

 

鈴木 守

 
アバター
研究者氏名鈴木 守
 
スズキ マモル
所属上智大学
部署文学部保健体育研究室
職名教授
学位体育学修士(筑波大学)
科研費研究者番号90129792
J-Global ID200901018557434016

プロフィール

スポーツの文化論敵研究
スポーツ指導の社会学的研究
スポーツイベントと地域社会の形成
スポーツフォアオールの実践的研究教育活動においては全学共通科目の必修「ウエルネスの理論と実践」および選択必修の講義科目「人間と運動・スポーツ」と実技科目(サッカー/テニス/バドミントンなど))を担当し、選択科目では総合科目「現代文化としてのスポーツ」や実技種目を担当している。課外活動の指導においては、体育会サッカー部の部長をつとめ、学外では日本体育協会スポーツ指導者養成事業および商業スポーツ施設指導者養成事業の講師をつとめている。研究活動においては、スポーツ社会学の領域で「スポーツ文化論」を幅広く研究し、またスポーツ指導論の領域で「現代社会における指導者像の再構築」のテーマ研究を日本スポーツ産業学会の専門分科会の活動として展開している。

経歴

 
2003年4月
 - 
2005年3月
上智大学  保健センター長 
 
2003年4月
 - 
2005年3月
上智大学  学生部長 
 

受賞

 
2004年6月
第7回秩父宮記念スポーツ医・科学賞 奨励賞
 

論文

 
 
二宮雅也   山本敦久   鈴木守   
ソフィア   56(3) 54-67   2008年3月   
 
 
鈴木守   
ソフィア   51(1) 128-134   2002年9月   
 
鈴木守   
学校体育   49(4) 14-17   1996年4月   
 
鈴木守   
学校体育   47(1) 14-17   1994年1月   

書籍等出版物

 
 
2012年4月1日   
昨年のテキストをリライト
 
2011年4月1日   
これまでのテキストに「身体」の視座を加えた
 
2008年4月1日   
2007年版をリライト
 
2007年4月1日   
2006年と同じ
 
2006年4月20日   
2000年に出版した『スポーツ文化の現在』の2刷となる。内容は「スポーツの文化史」「メディア・スポーツの現在」「生涯スポーツの展開」「女性とスポーツ」「競技者の世界」「スポーツ産業のゆくえ」の柱からなり、初期の総合コース「現代文化としてのスポーツ」の多彩な講師陣によって執筆された。

所属学協会

 
 
   
 
日本体育学会
 
   
 
日本スポーツ社会学会
 
   
 
日本スポーツ産業学会

社会貢献活動

 
 
【その他】
 これまでのわが国の地域スポーツ振興が、量的な側面に偏っていた現実を見つめ、これからの地域スポーツの発展を質的プロモーションの立場から論じた。 2006年11月25日 - 2006年11月25日
 
【その他】
 テーマ「社会の中のスポーツ」を、1現代社会とスポーツ、2スポーツの産業化と発展、3地域社会とスポーツの視点から論じた。 2006年8月5日 - 2006年8月5日
 
【その他】
 「文化としてのスポーツ」「指導者の役割」「社会の中のスポーツ」を論じた。 2006年6月17日 - 2006年6月17日
 
【その他】
 テーマ「社会の中のスポーツ」 2005年11月27日 - 2005年11月27日
 
【その他】
 テーマ「社会の中のスポーツ」 2005年8月1日 - 2005年8月1日

その他

 
 
2007年5月 - 2007年5月
いかにして読書を習慣化するかを、「読書の楽しさ」を発見する過程から論じる
 
 
保健体育必修科目「ウエルネスの理論と実践」の見直しと改革の議論を展開
 
 
 
平成16年度法科大学院等専門職大学院形成支援プログラム
スポーツ仲裁シンポジウム
2005
 
 
    
 

上智大学研究シーズ集

上智大学の研究シーズを紹介しています。