言語の選択:

理工学部 情報理工学科

研究者リスト >> 田村 恭久
 

田村 恭久

 
アバター
研究者氏名田村 恭久
 
タムラ ヤスヒサ
URL
所属上智大学
部署理工学部情報理工学科
職名教授
学位工学士(上智大学), 工学修士(上智大学), 博士(工学)(上智大学)
科研費研究者番号30255715
J-Global ID200901006029097360

プロフィール

コンピュータを用いた学習支援は1960年代から研究されてきたが、インフラの飛躍的発展や新しいIT技術の導入や学習理論の新しい展開(メタ認知理論や協調学習理論など)により、学習のあり方の新しい地平が見えている。このため研究として、(a)自律的な学習をもたらすメタ認知能力の獲得支援の研究、(b)アクティブラーニングや協調学習のスキル獲得を支援する学習支援システムの研究、(c)学習者の細粒度活動履歴の収集・分析により、学習者の状況を推定する研究、(d)オンライン環境やハイフレックス環境におけるアクティブラーニングの実施と形成的評価に関する研究、などを行っている。
 

研究キーワード

 
教育の情報化 ,学習履歴分析 ,アクティブラーニング

研究分野

 
  • 人文・社会 / 教育工学 / 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
上智大学 理工学部 教授 
 
2004年4月
 - 
2014年3月
上智大学 理工学部 准教授 
 
2004年5月
 - 
2004年7月
チュービンゲン大学 知識メディア研究センター 客員准教授 
 
1997年4月
 - 
2004年3月
上智大学 理工学部 講師 
 
1993年7月
 - 
1997年3月
上智大学 理工学部 助手 
 

学歴

 
1985年4月
 - 
1987年7月
上智大学 理工学研究科 
 

委員歴

 
2020年4月
 - 
現在
文部科学省 教育データの利活用に関する有識者会議  委員
 
2001年4月
 - 
現在
情報処理学会 情報規格調査会 SC36専門委員会  委員
 
2017年4月
 - 
2020年3月
総務省 スマートスクール・プラットフォーム実証事業  評価委員
 
2014年4月
 - 
2017年3月
総務省 先導的教育システム実証事業  評価委員
 
2013年11月
 - 
2015年3月
文部科学省 デジタル教材等の標準化に関する企画開発委員会 第一分科会  委員
 

論文

 
 
Horikoshi Izumi   Tamura Yasuhisa   
Educational technology research   43(1)    2021年   [査読有り]
 
Izumi Horikoshi   Yasuhisa Tamura   
26TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON COMPUTERS IN EDUCATION (ICCE 2018)   352-354   2018年
In this paper, we attempted to analyze learners' motivation based on peer assessment process logs. In many previous studies, the reliability or validity of peer assessment was discussed based on the students' peer assessment score. In contrast, we...
 
田村 恭久   中嶋 俊也   篠原 駿   
日本eラーニング学会誌   13 114-122   2013年7月   [査読有り]
This paper shows typical functions required on electronic textbooks to be adopted in various countries, trial implementation of these functions, and their verification of representation and behavior in six e-book platforms. First, the authors extr...
 
TAMURA YASUHISA   Koji Yamaoka   Masataka Uehara   Takeshi Shima   
Int'l Journal of Sports Medicine and Sports Sciences   74 313-317   2013年2月   
This paper proposes a three-dimensional motion capture and feedback system of flying disc throwing action learners with use of Kinect device. Rather than conventional 3-D motion capture system, Kinect has advantages of cost merit, easy system deve...
 
Toshiya Nakajima   Shun Shinohara   Yasuhisa Tamura   
Procedia Computer Science   22 1344-1353   2013年   [査読有り]
This paper shows typical functions required on electronic textbooks to be adopted in various countries, trial implementation of these functions, and their verification of representation and behavior in six e-book platforms. First, the authors extr...

MISC

 
 
石井 優奈   堀越 泉   田村 恭久   
日本教育工学会研究報告集   20(4) 183-189   2020年12月
 
 
堀越 泉   田村 恭久   
日本教育工学会研究報告集   18(5) 37-44   2018年12月
 
田村恭久   
情報処理   59(9) 825-828   2018年8月   [査読有り][招待有り]
 
古賀 隆行   堀越 泉   田村 恭久   
JSiSE研究会研究報告   32(5) 37-42   2018年1月

書籍等出版物

 
 
田村 恭久(担当:共著, 範囲:6-1 - 6-20)
インプレスジャパン   2012年6月9日   (ISBN:9784844332176)   
アップル社が発表した話題の電子書籍作成ツール「iBooks Author」の魅力を余すところなく紹介。使い方マニュアルや作例集はもちろん、有識者によるアップルの戦略分析や電子教科書の今後の展開まで収録。これ一冊で誰でも簡単にiPad用電子書籍が作れ、さらに本書収録の作例テンプレートや写真素材も無償で利用可能。
 
田村 恭久
オーム社   2008年2月   (ISBN:427420507X)   
 
田村 恭久
丸善   2008年2月   (ISBN:4621079298)   
 
田村 恭久
東京電機大学出版局   2006年9月   (ISBN:4501541903)   
 

講演・口頭発表等

 
 
田村恭久   
学習分析学会 第2回研究会   2020年12月6日   学習分析学会   
 
石井優奈   堀越 泉   田村恭久   
日本教育工学会研究会20-4   2020年12月4日   日本教育工学会   
 
Izumi HORIKOSHI   Yasuhisa TAMURA   
ICCE 2020   2020年11月26日   The Asia-Pacific Society for Computers in Education (APSCE)   
 
田村恭久   
eラーニングアワード2020フォーラム   2020年11月11日   e-Learning Initiative Japan   [招待有り]
 
田村恭久   
Edvation x Summit 2020   2020年11月5日   Edvation x Summit 実行委員会   [招待有り]

所属学協会

 
 
   
 
情報処理学会
 
   
 
人工知能学会
 
   
 
日本教育工学会
 
   
 
教育システム情報学会
 
   
 
日本eラーニング学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月
 
研究期間: 2002年 - 2003年

学術貢献活動

 
 

ICT CONNECT 21 2017年6月1日 - 現在
 

 2015年5月29日 - 現在
 

 2015年2月20日 - 現在
 

 2014年1月9日 - 現在
 

ISO 2012年9月 - 現在

その他

 
 
高校生向けの体験授業で、電子教科書のコンテンツ、技術開発、業界動向などを紹介するとともに、試作開発した教科書を用いた模擬授業を実施した。
 
 
上智大学FD委員会主催のワークショップでの講演。内容は、(1)パワーポイントの使い方、(2)Moodleの利用方法、(3)授業の構成-教材・課題・議論-などについて。
 
 
広島大学における「マツダ研究助成講演会」での発表。学習者の認知的負荷を高める協調学習での議論の進め方について紹介した。CSCL環境(掲示板、チャット)の整備とともに、議論のメンタリングの方法、現在研究を進めている自然言語解析による機械的議論支援など方法論についても紹介した。
 
 
上智大学における情報フルエンシー系科目設置までの経緯と経過、情報処理 Vol.53, No.6
2012
 
 
    
Information Fluency Class Design in Sophia University, Information Processing, Vol. 53, No.6
2012