言語の選択:

理工学部

研究者リスト >> 臼杵 豊展
 

臼杵 豊展

 
アバター
研究者氏名臼杵 豊展
 
ウスキ トヨノブ
URL
所属上智大学
部署理工学部物質生命理工学科
職名教授
学位修士(理学)(東北大学), 博士(理学)(東北大学)
科研費研究者番号50514535
J-Global ID200901076489387829

研究分野

 
  • ナノテク・材料 / 生体化学 / 
  • ナノテク・材料 / ケミカルバイオロジー / 
  • ナノテク・材料 / 生物分子化学 / 

学歴

 
2002年4月
 - 
2005年3月
東北大学 大学院理学研究科 化学専攻
 
2000年4月
 - 
2002年3月
東北大学 大学院理学研究科 化学専攻
 
1996年4月
 - 
2000年3月
東北大学 理学部 化学科
 

受賞

 
2018年10月
日本化学会, 日本化学会第8回CSJ化学フェスタ 優秀ポスター賞,抗トリパノソーマ活性cynaropicrinの全合成研究
中村天馬 内山朋弥 森尊哉 善本由紀子 近藤良佑 臼杵豊展 
 
2018年10月
日本化学会, 日本化学会第8回CSJ化学フェスタ 優秀ポスター賞,マルチ重水素化desmosineの合成
横尾玲子 渡邉大祐 鈴木里奈 臼杵豊展 
 
2018年5月
東京バイオマーカー・イノベーション技術研究組合, 第6回とびら賞
臼杵豊展 
 
2017年10月
日本化学会, 日本化学会第7回CSJ化学フェスタ 優秀ポスター賞,Cynaropicrinの全合成研究
中村天馬 内山朋弥 臼杵豊展 
 
2015年6月
株式会社テクノバ, 第1回テクノバ賞(研究助成),COPD(慢性閉塞性肺疾患)検出を目指したエラスチン架橋ペプチド由来の抗体開発
臼杵豊展 
 

論文

 
 
Lokadi Pierre Luhata   Christian Nanga Chick   Natsuki Mori   Kunihito Tanaka   Hiroshi Uchida   Takashi Hayashita   Toyonobu Usuki   
Molecules (Basel, Switzerland)   27(10)    2022年5月   [査読有り]
The aqueous extract of the leaves of Odontonema strictum (OSM) is used in folk medicine for its antihypertensive properties, and it contains a wide range of secondary metabolites, mostly polyphenols such as verbascoside and isoverbascoside, which ...
 
Natsuki Mori   Toyonobu Usuki   
Phytochemical analysis : PCA      2022年5月   [査読有り]
INTRODUCTION: The essential oils of tea tree (Melaleuca alternifolia) leaves mainly contain eucalyptol, α-terpinene, γ \gamma -terpinene, and terpinen-4-ol and have anti-bacterial, anti-fungal, anti-infective, and anti-inflammatory actions. ...
 
Lokadi Pierre Luhata   Toyonobu Usuki   
Bioorganic & medicinal chemistry letters   128528-128528   2022年1月   [査読有り]
The aqueous extract of the leaves of Odontonema strictum, a plant from tropical regions, is used by traditional physicians in Burkina Faso for its antihypertensive properties. Verbascoside and isoverbascoside, known phenylpropanoid glycosides with...
 
Mika Hirose   Toyoaki Kobayashi   Nao Tanaka   Ayame Mikagi   Hiroshi Wachi   Yuki Mizutani   Toyonobu Usuki   
Bioorganic & medicinal chemistry   52 116519-116519   2021年12月   [査読有り]
Desmosine and isodesmosine are crosslinking amino acids of elastin, which is an essential component of the dermal extracellular matrix protein. Quantitative analysis of crosslinker desmosines in human skin dermis has not been fully achieved due to...
 
Mika Hirose   Nao Tanaka   Toyonobu Usuki   
Bioorganic & medicinal chemistry letters   46 128165-128165   2021年8月
Ma'edamines C and D were isolated from an Okinawan marine sponge and exhibited a unique tetrasubstituted pyridinium skeleton. The proposed biosynthetic pathway is similar to that of desmosine and isodesmosine, which are elastin-crosslinking amino ...

MISC

 
 
藤田正博   臼杵豊展   
Chemical Times   231 7-12   2014年1月   [招待有り]
 
佐藤麻希子   武澤遼太   鈴木江津子   岡田隆   臼杵豊展   
香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集   55th 153-155   2011年11月   

書籍等出版物

 
 
 
臼杵 豊展(担当:共著, 範囲:393-410)
Wiley   2012年2月   (ISBN:9780470746400)   

講演・口頭発表等

 
 
Christian Nanga Chick   Toyonobu Usuki   
第65回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会   2021年10月30日   
 
Lokadi Pierre Luhata   Toyonobu Usuki   
第65回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会   2021年10月30日   
 
鈴木貴裕   金子和樹   矢沼綾乃   臼杵豊展   
日本化学会第11回CSJ化学フェスタ   2021年10月19日   
 
Lokadi Pierre Luhata   Toyonobu Usuki   
日本化学会第11回CSJ化学フェスタ   2021年10月19日   
 
佐藤翔吾   Daria Baut   臼杵豊展   
日本化学会第11回CSJ化学フェスタ   2021年10月19日   

所属学協会

 
 
   
 
日本化学会
 
   
 
American Chemical Society
 
   
 
有機合成化学協会
 
   
 
日本薬学会
 
   
 
近畿化学協会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
環状desmosineペプチドの合成とLC-MS/MS解析
科学研究費補助金: 基盤研究(C)
臼杵豊展 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
エラスチン架橋部位の構造決定とCOPDの新バイオマーカーの発見
科学研究費補助金: 国際共同研究強化(A)
臼杵豊展 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
エラスチン架橋アミノ酸に着目したもやもや病バイオマーカー診断法の確立
科学研究費補助金: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
井上智夫 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
研究期間: 2019年4月 - 2020年3月
 
研究期間: 2019年4月 - 2020年3月

その他

 
 
理工日本語コースの大学院生および学部生に対して、国際教養学部や理工英語コースなどに所属するネイティブ・スピーカーをEnglish TAsとして採用し、英会話を通じて英語力の向上を目指すプログラム。
 
 
理工日本語コースの大学院生および学部生に対して、国際教養学部や理工英語コースなどに所属するネイティブ・スピーカーをEnglish TAsとして採用し、英会話を通じて英語力の向上を目指すプログラム。
 
 
理工学部生に対して、国際教養学部や理工英語コースなどに所属するネイティブ・スピーカーをEnglish TAsとして雇い、生きた英語に触れるという試み。
 
 
理工学部生に対して、国際教養学部生を中心としたNative SpeakerをTAとして雇い、生きた英語を教授するという試み。
 
 
当研究室に配属されている学生に対し、卒業及び修了研究の指導を行っている。それぞれテーマを与え、自ら文献を調べ考えさせることにより、学生の自立性と潜在的能力を伸ばそうと試みている。\nまた週1回、論文紹介としてゼミを行っている。アメリカ化学会誌C&ENの記事紹介を行うことで、興味深い世界最新の化学の成果や化学工業の流れについて幅広く知見が得られるよう指導している。