言語の選択:

総合人間科学部

研究者リスト >> 横山 恭子
 

横山 恭子

 
アバター
研究者氏名横山 恭子
 
ヨコヤマ キョウコ
所属上智大学
部署総合人間科学部 心理学科
職名教授
学位文学修士(上智大学)
科研費研究者番号20247414
J-Global ID200901066318007321

プロフィール

2007年度 文部科学省 海外先進研究実践支援プログラム International School of Analytical Psychology Zürichにて在外研究
現在の研究テーマは、小児医療の現場における臨床心理学の知の活用と発展である。 また、より優れた臨床心理学の研究者と臨床家を育てるための教育のあり方について、試行錯誤している。
(研究テーマ) 子供がその生の中に死をどう位置づけるか 母親の心の中の傷ついた子供イメージ Squiggle gameの治療的機序に関する研究 日本における移民のエスニシティ保持と変化に関する社会心理学的研究 小児医療の中での心理的サポート
(共同・受託研究希望テーマ) リエゾン心理学

研究キーワード

 
投影性同一視 ,エスニックアイデンティティ ,,文化変容 ,小児医療心理学 ,スクィグルゲーム ,文化接触 ,家族サポート ,子ども ,なぐり描き ,傷ついた子供イメージ

研究分野

 
  • 人文・社会 / 臨床心理学 / 

経歴

 
2022年4月
 - 
現在
上智大学 学生局ウェルネスセンター センター長 
 
2018年4月
 - 
現在
学校法人上智学院 ダイバーシティ推進室 室長 
 
2008年4月
 - 
現在
防衛省 防衛医科大学校  非常勤講師 
 
2008年4月
 - 
現在
東京医科歯科大学医学部附属病院  非常勤心理カウンセリング 
 
2008年4月
 - 
現在
東京医科歯科大学  非常勤講師 
 

学歴

 
1987年4月
 - 
1990年3月
上智大学 文学研究科 教育学専攻
 

委員歴

 
2022年4月
 - 
現在
日本芸術療法学会  理事
 
2021年6月
 - 
現在
公益財団法人 日本臨床心理士資格認定協会  理事
 
2000年4月
 - 
現在
日本青年期精神療法学会  理事
 
2024年4月
 - 
2025年3月
最高裁判所  令和6年度 裁判所職員採用総合職試験(家庭裁判所調査官補)家庭裁判所調査官試験委員会臨時委員
 
2023年4月
 - 
2024年3月
最高裁判所  令和5年度 裁判所職員採用総合職試験(家庭裁判所調査官補)家庭裁判所調査官試験委員会臨時委員
 

論文

 
 
横山恭子   
グリーフケア   (12) 55-68   2024年3月   [査読有り]
 
森田日菜子   横山恭子   
上智大学心理学年報   48 109-122   2024年2月   [査読有り]
 
田佳潤   横山恭子   
上智大学心理学年報   48 1-15   2024年2月   [査読有り]
 
横山恭子   
上智大学臨床心理研究   46 214-217   2024年1月   [招待有り]
 
長堀加奈子   磯野沙月   前田遥   森永恵美理   山下竜一   横山恭子   
上智大学心理学年報   47 75-90   2023年2月   [査読有り]

MISC

 
 
横山恭子   
上智大学カウンセリングサービス活動報告   (31) 3-4   2024年1月   
 
横山 恭子   
理論心理学研究   24 22-23   2023年10月   [招待有り]
 
横山恭子   
女子学生の現在地:同志社大学のダイバーシティ前史   57-59   2023年10月   [招待有り]
 
横山恭子   
防衛医科大学校小児科学講座 野々山恵章教授 退官記念業績集   21-22   2023年9月   
 
横山 恭子   
上智大学カウンセリングサービス活動報告   (30) 4-5   2023年1月

書籍等出版物

 
 
横山恭子(担当:監修)
くもん出版   2024年3月   (ISBN:9784774335605)
 
横山 恭子(担当:共著, 範囲:124-126)
批評社   2012年9月10日   (ISBN:9784826505659)   
 
横山 恭子(担当:共著, 範囲:115-144)
勁草書房   2012年4月15日   (ISBN:9784326299003)   
臨床心理学における悲嘆:臨床心理学に関わる者で悲嘆と縁がない者はいないだろう。その臨床心理学の世界では、これまでに主として喪mourning、悲嘆griefという用語を中心に研究が行われてきている。この「悲嘆」には、愛着理論が密接に関わっている。そのことについて簡単に触れている。また、実践研究の分野では、遺族カウンセリングと関わるような死別体験の研究、そこから派生する複雑性悲嘆に関する研究、PTSDや被害者支援に関わる外傷性悲嘆の問題や近年高まっているレジリエンス研究、自身の死とどう向き合...
 
 
横山 恭子(担当:共著, 範囲:307-321)
ゆまに書房   2005年9月25日   (ISBN:4843318140)   

講演・口頭発表等

 
 
横山恭子   
日本芸術療法学会主催 芸術療法研修セミナー2010 Advanced Course 講師   2010年8月10日   [招待有り]
 
横山恭子   
日本芸術療法学会主催 芸術療法研修セミナー2009 Advanced Course 講師:   2009年8月   [招待有り]
 
横山恭子   
日本芸術療法学会主催 芸術療法研修セミナー2008 Advanced Course 講師   2008年8月   [招待有り]
 
横山恭子   
日本芸術療法学会主催 芸術療法研修セミナー2006 Primary Course 講師   2006年8月   [招待有り]
 
横山 恭子   
第31回日本女性心身医学会学術集会   2002年8月25日   日本女性心身医学会   [招待有り]

担当経験のある科目(授業)

 
2020年4月
 - 
現在
心理実習
2018年4月
 - 
現在
臨床心理学 (上智大学)
2018年4月
 - 
現在
臨床心理学概論 (上智大学)
2016年4月
 - 
現在
ケアの臨床哲学 (上智大学)
2014年4月
 - 
現在
がんチーム医療演習 (上智大学大学院)

所属学協会

 
 
   
 
日本心理臨床学会
 
   
 
日本芸術療法学会
 
   
 
日本箱庭療法学会
 
   
 
日本心理学会
 
   
 
日本発達心理学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
妊娠期の間欠的低酸素がもたらすエピゲノム変化の分子機構解明と医療応用の基盤構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
小野 卓史 宮坂 尚幸 宮崎 泰成 下澤 達雄 滝 敦子 細道 純 財津 崇 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
関東がん専門医療人養成拠点
文部科学省: 多様な新ニーズに対応する「がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)」養成プラン
横山恭子 久田満 毛利伊吹 
研究期間: 2017年4月 - 2022年3月
 
上智大学における「がんチーム医療演習」の発展
上智大学: 上智大学イノベーション・プログラム
横山恭子 久田満 毛利伊吹 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
 
長時間曝露法の専門家養成プログラムの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
横山恭子 
研究期間: 2009年 - 2011年
 
研究期間: 2007年 - 2010年

社会貢献活動

 
 
【司会】
公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会 2024年3月3日 - 2024年3月3日
 
【講師】
江戸川区教育研究所グリーンパレス教育相談室 2024年2月22日 - 2024年2月22日
 
【講師】
小平市教育委員会 教育相談室 事例検討会 2024年2月7日 - 2024年2月7日
 
【講師】
相模原市児童相談所 令和5年度職場専門研修 2023年11月2日 - 2024年1月30日
 
【講師】
港区教育委員会 2023年12月13日 - 2023年12月13日

その他

 
 
学部でロールシャッハテストを充分に履修できないまま入学した臨床心理学コースの大学院生、あるいは、大学院で学習するものとは異なった体系のロールシャッハのスコアリング/コーディング・システムを学んできた大学院生に対して、数回〜8回程度の補講を行った
 
 
大学院の臨床心理学コース修了生の有志を対象に、月1回程度、ケースカンファレンスを開催している(守秘義務の問題があるので、年度はじめに登録をした修了生のみによるクローズド・グループ)
 
 
ゼミ学生・大学院の指導学生には、メーリング・リストを用いて、随時情報提供を行っている。
 
 
「深層心理学」Ⅰ・Ⅱ、「心理臨床学」Ⅰ・Ⅱでは、ハンドアウトを使用している。内容は、毎年加筆・補充されている。これは単なる資料ではなく、講義用に作成した独自の資料に他ならない。
 
 
レポート・論文を書くための文献・資料をどうやって集めるか、年によっては、図書館に協力を願い、講習会も活用しながら指導を行っている。集めた論文をどのように議論し、どのように疑問点を導き出していくのか、そこから、自分の疑問点を見失わずにオリジナリティのある研究を行うためにはどのような工夫が可能か、どのような構成がわかりやすいか、討論を重ねている。原則として、レポートにはコメントをつけて返却している。