言語の選択:

基盤教育センター 身体知領域

研究者リスト >> 時野谷 勝幸
 

時野谷 勝幸

 
アバター
研究者氏名時野谷 勝幸
 
トキノヤ カツユキ
URL
所属上智大学
部署基盤教育センター 身体知領域
職名特任助教
学位修士(体育学)(筑波大学), 博士(スポーツ医学)(筑波大学)
その他の所属筑波大学 医学医療系
J-Global ID201801011535443858

研究キーワード

 
cell free DNA ,酸化ストレス ,マイオカイン ,運動 ,レナラーゼ

研究分野

 
  • ライフサイエンス / スポーツ科学 / 分子細胞生物学
  • ライフサイエンス / スポーツ科学 / 運動生理学
  • ライフサイエンス / スポーツ科学 / 運動生化学

経歴

 
2023年4月
 - 
現在
上智大学 基盤教育センター 身体知領域 特任助教 
 

学歴

 
2017年4月
 - 
2020年8月
筑波大学大学院 人間総合科学研究科 スポーツ医学専攻
 
2015年4月
 - 
2017年3月
筑波大学大学院 人間総合科学研究科 体育学専攻
 
2010年4月
 - 
2014年3月
静岡大学 教育学部 生涯スポーツ専攻
 

受賞

 
2022年10月
日本ウォーキング学会, 最優秀論文賞
時野谷勝幸 
 
2022年3月
Top Cited Article in FEBS Open Bio journal (Top cited articles published between 1 Jan 2020-31 Dec 2021)
 
2021年3月
筑波大学, 令和2年度筑波大学大学院人間総合科学研究科研究科長賞
 
2018年3月
エディテージ, 英文校正グラント
 
2018年3月
国際タウリン研究会 日本部会, 研究奨励賞,タウリン添加による代謝制御に関するマイオカインの応答
時野谷勝幸 
 

論文

 
 
Katsuyuki Tokinoya   Seiko Ono   Kai Aoki   Koki Yanazawa   Yasuhiro Shishikura   Takehito Sugasawa   Kazuhiro Takekoshi   
Physiology International   108(2) 274-284   2021年7月   [査読有り]
<title>Abstract</title><sec><title>Introduction</title>Exercise training is beneficial for reducing obesity. In particular, exercise training can lower the catecholamine concentration in circulation. Renalase, whose expression was first confirmed ...
 
Katsuyuki Tokinoya   Yasuhiro Shishikura   Nanami Sekine   Atsushi Aoyagi   Yasuko Yoshida   Yuichi Aita   Takehito Sugasawa   Yoshiharu Nabekura   Kazuhiro Takekoshi   
Journal of exercise science and fitness   19(3) 178-181   2021年7月   [査読有り]
Background: Catecholamine is a typical index of exercise intensity, but it is difficult to detect. Plasma metanephrine (MN) and normethanephrine (NMN) levels are more stable than those of catecholamines. This study aimed to investigate plasma MN a...
 
時野谷 勝幸   石倉 惠介   羅 成圭   海老名 慧   宮川 俊平   大森 肇   
大学体育研究   (43) 13-20   2021年3月   [査読有り]
 
Katsuyuki Tokinoya   Takanaga Shirai   Yuya Ota   Tohru Takemasa   Kazuhiro Takekoshi   
Physiological Reports   8(15)    2020年8月   [査読有り]
 
Katsuyuki Tokinoya   Yasuko Yoshida   Takehito Sugasawa   Kazuhiro Takekoshi   
FEBS Open Bio      2020年6月   [査読有り]

MISC

 
 
Tokinoya Katsuyuki   Ishikura Keisuke   Komine Shoichi   Ebina Kei   Ra Song-Gyu   Miyazaki Teruo   Miyakawa Shumpei   Ohmori Hajime   
Advances in exercise and sports physiology   21(4) 81-81   2015年
 
Ebina Kei   Komine Syoichi   Ohno Takahiro   Tokinoya Katsuyuki   Ishikura Keisuke   Matsui Takashi   Ra Song-Gyu   Miyazaki Teruo   Miyakawa Shumpei   Soya Hideaki   Ohmori Hajime   
Advances in exercise and sports physiology   21(4) 86-86   2015年
 
時野谷勝幸   石倉惠介   小峰昇一   海老名慧   羅成圭   宮崎照雄   宮川俊平   大森肇   
日本運動生理学会大会プログラム・抄録集   23rd 80   2015年   
 
海老名慧   小峰昇一   大野貴弘   時野谷勝幸   石倉惠介   松井崇   羅成圭   宮崎照雄   宮川俊平   征矢英昭   大森肇   
日本運動生理学会大会プログラム・抄録集   23rd 79   2015年   

書籍等出版物

 
 
菅澤威仁, 時野谷勝幸(担当:共著)
コーチングクリニック,ベースボール・マガジン社   2018年7月      

講演・口頭発表等

 
 
 
Tokinoya K   
the 20th International Symposium on Chromaffin Cell Biology (ISCCB-20)   2020年1月26日   [招待有り]

担当経験のある科目(授業)

 
2023年4月
 - 
現在
卓球
2023年4月
 - 
現在
身体のリベラルアーツ
2023年4月
 - 
2023年8月
スポーツ実習(バスケットボール)(東京都立大学)
2023年4月
 - 
2023年8月
身体運動演習(卓球)(東京都立大学)
2021年10月
 - 
2023年3月
スポーツと身体科学 (武蔵野大学)

所属学協会

 
2019年
 - 
現在
日本ウォーキング学会
2018年
 - 
現在
国際タウリン研究会 日本部会
2016年
 - 
現在
European College of Sport Science
2014年
 - 
現在
日本運動生理学会(2021年〜 評議員)
2013年
 - 
現在
日本体力医学会(2021年〜 評議員)

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2023年8月 - 2025年3月
 
研究期間: 2023年12月 - 2024年12月
 
骨格筋レナラーゼ欠損における骨格筋可塑性の変化と筋収縮による分泌・発現応答の検証
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 特別研究員奨励費
時野谷 勝幸 
研究期間: 2021年4月 - 2023年3月
 
ノルディックウォーキングを用いたセルフリーDNA動態の検証
公益財団法人ミズノスポーツ振興財団: 2020年度 スポーツに関する科学的・学術的・医学的研究に対する助成
研究期間: 2020年4月 - 2021年3月
 
運動による酸化ストレスが生理活性物質であるレナラーゼに及ぼす影響とそのメカニズム
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(特別研究員奨励費)
時野谷勝幸 
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月

社会貢献活動

 
 
【助言・指導】
裾野市スポーツツーリズム推進協議会 2020年 - 2021年
 
【その他】
コーニング インターナショナル株式会社 2019年6月1日 - 2020年5月31日