言語の選択:

総合グローバル学部

研究者リスト >> 稲葉 奈々子
 

稲葉 奈々子

 
アバター
研究者氏名稲葉 奈々子
 
イナバ ナナコ
所属上智大学
部署総合グローバル学部総合グローバル学科
職名教授
学位学士(文学)(東京外国語大学), DEA(パリ第7大学), 修士(学術)(東京大学)
科研費研究者番号40302335
J-Global ID200901040022361830

プロフィール

貧困層の社会運動が主要な研究テーマのひとつ。フィールドはフランスと日本。フランスでは、空き家占拠を戦略として住宅への権利を訴える社会運動団体を対象とし、1994年から調査を続けている。日本では反貧困ネットワークなど00年代末以降に現れてきた社会運動を対象としている。ふたつめの研究テーマは国際移動について。日本では移住女性の自助組織を調査している。日系ラテンアメリカ出身者については、日本だけではなく、アルゼンチン、ペルーなど出身国でも調査している。

研究キーワード

 
ジェンダー ,国際移動 ,社会運動 ,貧困問題 ,社会学

研究分野

 
  • 人文・社会 / 社会学 / 

経歴

 
2002年4月
 - 
2015年3月
茨城大学人文学部  准教授 
 
2009年4月
 - 
2010年3月
京都大学文学部  非常勤講師 
 
2001年4月
 - 
2003年3月
フェリス女学院大学国際交流学部  非常勤講師 
 
2002年4月
 - 
2002年9月
立教大学社会学部  非常勤講師 
 
1998年4月
 - 
2002年3月
茨城大学人文学部  講師 
 

学歴

 
1996年10月
 - 
1998年3月
パリ第7大学 社会科学研究科 移民と社会研究
 
1996年4月
 - 
1998年3月
東京大学 総合文化研究科 地域文化研究専攻
 
1996年4月
 - 
1998年3月
東京大学 総合文化研究科 地域文化研究専攻
 
1993年4月
 - 
1996年3月
東京大学 総合文化研究科 地域文化研究専攻
 
1993年4月
 - 
1996年3月
東京大学 総合文化研究科 地域文化研究専攻
 

論文

 
 
樋口直人   髙谷幸   稲葉奈々子   
貧困研究   (23) 55-67   2019年12月   [招待有り]
 
稲葉奈々子   
月刊環   (25) 2-6   2019年   [招待有り]
 
樋口直人   稲葉奈々子   
社会学評論   (272)    2018年3月   [査読有り][招待有り]
 
Naofumi Suzuki   Tetsuo Ogawa   Nanako Inaba   
Leisure Studies   37(1) 89-96   2018年1月   [査読有り]
The reconstruction of the National Stadium for the 2020 Summer Olympics and Paralympics in Tokyo has induced displacement of two groups of vulnerable people, raising concerns of the violation of human rights, particularly the right to adequate hou...
 
稲葉奈々子   
世界   (897) 219-228   2017年   [招待有り]

MISC

 
 
稲葉奈々子   
日本における外国人・民族的マイノリティ人権白書2020年   33-34   2020年3月   [招待有り]
 
Kyodai Magazine   (206) 18-19   2019年11月   [招待有り]
 
稲葉奈々子   
ジャーナリズム   (2019年5月) 52-59   2019年5月   [招待有り]
 
稲葉奈々子   樋口直人   
別冊環   (24)    2019年4月   [招待有り]
 
稲葉奈々子   樋口直人   
『将来の「下層」か「グローバル人材」か--外国人児童生徒の進路保障実現を目指して』平成30年度科学研究費補助金研究成果報告書   112-119   2019年3月   

書籍等出版物

 
 
稲葉 奈々子
明石書店   2012年      
 
 
 
稲葉 奈々子(担当:共著)
Feminist Press   2011年   (ISBN:9781558616998)   
 

講演・口頭発表等

 
 
稲葉奈々子   
日本社会学会   2020年11月   
 
 
 
稲葉奈々子   
関東社会学会   2017年6月3日   関東社会学会   
 
稲葉奈々子   
日仏会館シンポジウム<周縁>が生み出す社会変革の可能性   2016年7月10日   日仏会館   [招待有り]

所属学協会

 
 
   
 
関東社会学会
 
   
 
日本社会学会
 
   
 
寄せ場学会
 
   
 
日仏社会学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
 
 
 
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月
 

社会貢献活動

 
 
【その他】
 2012年12月 - 2015年11月
 
 
 
【その他】
 2002年6月

その他

 
 
講義形式の授業では毎回リアクションペーパーに小課題を盛り込んで実施、採点し、次の授業でフィードバックしている。
 
 
バングラデシュ人・イラン人帰還移民の出身国における帰結
 
 
 
グローバル化と社会運動