言語の選択:

法学部

研究者リスト >> 富永 晃一
 

富永 晃一

 
アバター
研究者氏名富永 晃一
 
トミナガ コウイチ
URL
所属上智大学
部署法学部法律学科
職名教授
学位法学士(東京大学 ), 修士(情報システム管理)(カーネギーメロン大学 ), 法務博士(専門職学位)(東京大学 )
J-Global ID200901083933983979

プロフィール

2006年-2009年 東京大学法学政治学研究科(助手・助教、GCOE特任務研究員) 非正規労働者法制、差別禁止法制等を中心に研究2009年-2013年 信州大学経済学部経済システム法学科 非正規労働者法制、差別禁止法制等を中心に研究2013年-現在 上智大学法学部 非正規労働者法制、差別禁止法制等を中心に研究
近年、非正規労働者と正社員の処遇格差の問題等、既存の法制度では対処が困難な問題について、差別禁止による救済が有力な解決策の一つとして検討されることが多くなっています。差別禁止法理は(一種の一般条項としての性格があり)強力である反面、柔軟性を欠いており、その射程の拡大に伴い、新たな問題を引き起こす可能性もあります。そもそも、何を理由とした、どのような行為をすることが「許されない差別」になるのかということについては、歴史的な変遷もみられ、また現在でも明確な回答や見解の一致はみられない状況のため、法的安定性を欠く状況にあり、より射程・内容の明確化を図るべきであると思われます。このような問題意識から、特に雇用関係における差別禁止法(雇用差別禁止法)について、その内容、限界、有効性等を明らかにすることを主な研究テーマとしています。
(研究テーマ)「過去の差別の現在の効果」に関する比較法的研究

研究キーワード

 
労働法 ,過去の差別 ,現在の効果 ,妊娠差別 ,均等・均衡処遇 ,平等取扱 ,差別禁止法 ,労働者派遣 ,差別 ,temporary worker ,discrimination

研究分野

 
  • 人文・社会 / 新領域法学 / ジェンダー法
  • 人文・社会 / 社会法学 / 労働法

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
上智大学 法学部 教授 
 
2013年4月
 - 
2017年3月
上智大学 法学部 准教授 
 
2009年12月
 - 
2013年3月
信州大学 経済学部 准教授 
 
2009年4月
 - 
2009年11月
東京大学  GCOE特任研究員 
 
2006年4月
 - 
2009年3月
東京大学 法学政治学研究科 助手(助教) 
 

学歴

 
2004年4月
 - 
2006年3月
東京大学 法学政治学研究科 法曹養成専攻
 
1999年8月
 - 
2001年5月
Carnegie Mellon University  Master of Information Systems Management
 
1993年4月
 - 
1997年3月
東京大学 法学部 第一類(私法コース)
 

委員歴

 
2011年5月
 - 
2014年4月
日本労働法学会  編集委員
 
2012年4月
 - 
2013年3月
長野県労働委員会  公益委員
 

受賞

 
2013年10月
労働政策研究・研修機構, 労働関係図書優秀賞,比較対象者の視点からみた労働法上の差別禁止法理――妊娠差別を題材として
 
2011年12月
商事法務研究会賞
 
2011年10月
日本労働法学会奨励賞
 

論文

 
 
富永晃一   
ジュリスト(臨時増刊、平成24年度重要判例解説 )   (1453) 230   2013年4月   
国(神戸刑務所)事件・神戸地判平成24・1・18労判1048号140頁の判例評釈
 
富永晃一   
労働関係法令の立法史料研究 : 労働組合法関係 (平成23年度・平成24年度 公益財団法人労働問題リサーチセンター委託研究報告書)   105-125   2013年4月   
 
オーリー・ローベル、アン・マリー   ロファソ 原著   富永晃一   
日本労働研究雑誌   55(1) 57-73   2013年1月   
 
富永 晃一   
法学教室   (387) 53-58   2012年12月   
 

MISC

 
 
 
 
富永晃一   
「働き方改革」をめぐる労働立法と今後の課題(2019年度労働問題リサーチセンター報告書、主査:荒木尚志東京大学教授)   141-160   2020年5月   
日本のセクシュアル・ハラスメントの裁判例において、「性的な言動」がどのような範囲を指しているかについて論じたもの。
 
 

書籍等出版物

 
 
富永 晃一(担当:その他, 範囲:p.499-512)
日本評論社   2020年8月15日   
雇用機会均等法概説を担当
 
富永 晃一(担当:共著, 範囲:p.170-196,p.198, p.200-205,p.347-363)
弘文堂   2018年1月23日   
障害者雇用促進法の解説書。2018年4月施行の精神障害者雇用義務化に対応。
 
富永 晃一(担当:その他, 範囲:p.126-127)
有斐閣   2016年11月30日   
配転(配転命令権)のリーディングケースである東亜ペイント事件を題材に、配転命令権をめぐる判例法理の現状について解説したもの。
 
富永, 晃一, 丸橋, 昌太郎, 大江, 裕幸, 島村, 暁代
中央経済社,中央経済グループパブリッシング (発売)   2016年4月   (ISBN:9784502185212)
 
永野, 仁美, 長谷川, 珠子, 富永, 晃一
弘文堂   2016年1月   (ISBN:9784335356575)

講演・口頭発表等

 
 
富永晃一   
ブラジル・日本国際セミナー「訴訟と社会~裁判と紛争解決~」   2018年1月8日   信州大学経法学部   
労働法、裁判外紛争処理手続き(ADR)、司法取引等のテーマについて、ブラジル側と日本側からそれぞれ報告、討論が行われた。
筆者は個別的労働法分野での紛争処理手続きに関し、なぜ日本では労働訴訟が少ない(と言われている)のか、というテーマについて日本法の紛争処理制度の概要を解説し、私見を付した。
 
富永晃一   
ジェンダー法学会2016年第14回学術大会(立命館大学・朱雀キャンパス・中川会館、2016年12月3日)   2016年12月3日   ジェンダー法学会   
シンポジウムⅠ「男女雇用均等法施行30周年―均等法を問う」において標記の題名の口頭発表を行った。
 
 
富永晃一   
Seoul National University Center for Labor & Welfare Law International Symposium, Fall 2014   2014年11月21日   Seoul National University Center for Labor & Welfare Law, Korean Association of Industrial Relation, Seoul National University Law Research Institute   
 
日本労働法学会 第128回大会(静岡大学、2014年10月19日)   2014年10月19日   日本労働法学会   

所属学協会

 
 
   
 
日本労働法学会
 
   
 
Japan Labor Law Association

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
 
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月
 
 
研究期間: 2011年4月 - 2015年3月

社会貢献活動

 
 
【その他】
 日本労働研究雑誌(https://www.jil.go.jp/institute/zassi/index.html)の編集委員 2018年9月1日 - 2020年8月31日
 
 
【その他】
 第189回国会で成立した「労働者の職務に応じた待遇の確保等のための施策の推進に関する法律」(平成27年法律第69号)5条等により、労働者の雇用形態の実態等の調査研究を行う必要があることから、平成28年度設置予定の非正規雇用対策の方向性を検討し取りまとめる研究会を設置予定であり、その研究会設置に向けた準備会合へ参加したもの。 2015年11月17日 - 2016年3月31日
 
【その他】
 労働政策研究・研修機構がイギリス、アメリカ、ドイツ、フランス、韓国、EUを対象に、諸外国の非正規雇用者(パート・有期・派遣)の処遇の実態について調査を実施する事を目的として設置した研究会。 2015年5月 - 2016年3月
 
【その他】
 組織の変動(事業譲渡、会社分割等)に伴う労働関係について専門的な見地から調査研究を行い、諸課題を整理・対応の必要性等について検討することを目的とした研究会。\n議事録等について、下記URLを参照。\nhttp://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-roudouseisaku.html?tid=233727 2014年12月4日 - 2015年11月20日