言語の選択:

外国語学部

研究者リスト >> 小塩 和人
 

小塩 和人

 
アバター
研究者氏名小塩 和人
 
オシオ カズト
URLhttp://pweb.sophia.ac.jp/oshio/
所属上智大学
部署外国語学部英語学科
職名教授
学位文学士(筑波大学), MA (History)(University of Massachusetts-Amherst), 修士(国際学)(筑波大学), 修士(文学)(筑波大学), PhD (History)(University of California, Santa Barbara)
科研費研究者番号80257063
J-Global ID200901092428874080

プロフィール

教育(北米地域研究)研究(歴史学)
(研究テーマ) 環境史、日米関係史

研究キーワード

 
歴史 ,地域研究

研究分野

 
  • 人文・社会 / ヨーロッパ史、アメリカ史 / 

経歴

 
2007年4月
 - 
現在
上智大学 外国語学部 英語学科 教授 
 
2013年10月
 - 
2014年3月
東京大学教養学部アメリカ科  非常勤講師 
 
2012年10月
 - 
2013年3月
東京大学教養学部アメリカ科  非常勤講師 
 
2011年10月
 - 
2012年3月
東京大学教養学部アメリカ科  非常勤講師 
 
2010年10月
 - 
2011年3月
東京大学教養学部アメリカ科  非常勤講師 
 

学歴

 
1988年9月
 - 
1992年8月
カリフォルニア大学サンタバーバラ校 歴史学研究科 歴史学専攻
 
1978年4月
 - 
1982年3月
筑波大学 第一学群 人文学類
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
2019年3月
一般社団法人日本私立大学連盟  私立大学の世界発信力強化に関する検討プロジェクト委員
 

受賞

 
2004年5月
日本アメリカ学会, 清水博賞
 

論文

 
 
小塩和人   ベッティーナ・ブルーム   クリスティン・デ・マトス   ロウェナ・ウォード   
上智大学外国語学部紀要   55 159-179   2021年3月   
 
OSHIO Kazuto   EDWARD Susan   
Bulletin of The Faculty of Foreign Studies, Sophia University   53 75-110   2019年3月   
 
小塩和人   
アメリカ史研究   40 25-45   2017年8月   [査読有り][招待有り]
 
OSHIO Kazuto   
Journal of the Southwest   58(1-2) 338-363   2017年7月   [査読有り][招待有り]
 
小塩 和人   
Nanzan review of American studies = Nanzan review of American studies   38 59-75   2016年12月   [査読有り][招待有り]

MISC

 
 
小塩和人   
ソフィア   61(2) 133-140   2014年10月   [招待有り]
 
小塩和人   
歴史と経済   (194) 65-67   2007年1月   [招待有り]
 
小塩和人   
言語   34(2) 60-63   2005年2月   [招待有り]
 
小塩和人   
西洋史学   (213) 80-83   2004年6月   [招待有り]
 
小塩和人   
アメリカ学会会報   (152)    2004年1月   [招待有り]

書籍等出版物

 
 
小塩 和人(担当:単著)
玉川大学出版部   2003年3月12日   (ISBN:4472402866)   
 
油井大三郎・有賀夏紀編(担当:分担執筆, 範囲:18-37)
有斐閣   2002年12月1日   (ISBN:4641121621)   
 
小塩 和人(担当:共編者(共編著 者))
明石書店   2002年9月25日   (ISBN:4750316199)   
 
小塩 和人(担当:共訳, 範囲:202-375)
玉川大学出版部   2000年3月25日   (ISBN:4472114917)   
 
OSHIO KAZUTO(担当:分担執筆, 範囲:357-376)
Japan Center for Area Studies, National Museum of Ethnology   1999年12月24日      

講演・口頭発表等

 
 
OSHIO Kazuto   
The 3rd IAFOR International Conference on Arts & Humanities in Hawaii (IICAH 2023), January 5-8, Honolulu Convention Center, Hawaii, USA   2023年1月7日   
 
小塩和人   
麹町学園女子中学校高等学校   2022年11月22日   [招待有り]
 
小塩和人   
上智大学外国語学部ランチタイムフリートーク   2021年11月30日   [招待有り]
 
OSHIO Kazuto   
Japanese Studies Association of Australia 2021 Conference   2021年9月30日   
 
OSHIO Kazuto   
The 12th International Convention of Asia Scholars [online]   2021年8月27日   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
Seminar in American Studies(Faculty of Foreign Studies) (上智大学)
 
   
 
Special Topics in American History(Faculty of Foreign Studies) (上智大学)
 
   
 
Introduction to History of USA(Faculty of Foreign Studies) (上智大学)
 
   
 
Cultures of English Speaking World(Faculty of Foreign Studies) (上智大学)
 
   
 
English Composition(Faculty of Foreign Studies) (上智大学)

所属学協会

 
 
   
 
アメリカ学会(常務理事・理事・評議員・監事・英文ジャーナル編集委員)
 
   
 
米国アメリカ学会
 
   
 
米国環境史学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
Re-centring Australian Contributions to the Occupation of Post-WWII Japan
Australia-Japan Foundation: AJF Grant, 2022-23: Education and Australian studies
Rowena WARD Kazuto OSHIO 
研究期間: 2023年4月 - 2024年3月
 
研究期間: 2021年4月 - 2022年3月
 
研究期間: 2020年 - 2022年
 
 
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月

学術貢献活動

 
 
パネル司会・セッションチェア等
IICE/IICAH2022 Honolulu HI, USA 2023年1月5日 - 2023年1月8日
 
企画立案・ 運営等
Institute of American and Canadian Studies 2022年9月15日 - 2022年9月20日
 
パネル司会・セッションチェア等
Chuo University, Japanese Association for American Studies 56th Annual Conference 2022年6月5日
 
企画立案・ 運営等
アメリカ・カナダ研究所 2022年3月23日 - 2022年5月31日
 
その他
上智大学イベロアメリカ研究所 2021年11月11日

社会貢献活動

 
 
【助言・指導】
 2022年 - 現在
 
【助言・指導】
杉並区教育委員会 2019年 - 現在
 
【講師】
上智大学プロフェッショナル・スタディーズ 2020年 - 2023年
 
【助言・指導】
日米教育委員会 2004年 - 2023年
 
【助言・指導】
 2014年 - 2022年

その他

 
 
2023年 - 現在
eラーニングを目的とする学習管理システム manaba を活用し、授業用資料や講義ノート(パワーポイントファイル)の提示を通して履修者の予習や復習を助け、さらには授業後に提出された課題に対するフィードバックを提供することができた。
 
 
2007年 - 現在
eラーニングのプラットフォームであるムードルを活用し、授業用パワーポイントの提示、学生の予習(学生によるテキスト要約と質問の書き込み)、復習(ミニクイズ)さらには授業中に十分議論できなかった課題をフォーラムを使って履修者全員で議論することができた。大人数の講義形式の科目から少人数の演習形式の科目まで活用できた。
 
 
故ダニエルK.イノウエ上院議員の日米関係に対する功績を称え設立されたプログラムで、日本の上智大学と米国のロヨラメリマウント大学がパートナーとなり、相互訪問し、文化交流を通して、日米関係に関する理解を深める。
 
 
他大学の卒業論文ゼミとの合同研究発表交流(愛知県立大学・静岡県立大学・東京純心女子大学・南山大学・立命館大学・豪ウーロンゴン大学)
 
 
日米教育委員会・フルブライトプログラム(アメリカ研究担当)客員教員の招聘