言語の選択:

法学部 地球環境法学科

研究者リスト >> 堀口 健夫
 

堀口 健夫

 
アバター
研究者氏名堀口 健夫
 
ホリグチ タケオ
所属上智大学
部署法学部地球環境法学科
職名教授
学位学術学士(東京大学), 学術修士(東京大学)
科研費研究者番号10374175
J-Global ID201001047367057110

プロフィール

北海道大学大学院法学研究科助教授、同公共政策大学院准教授を経て、現在、上智大学法学部教授(法科大学院兼担)。
2006~2007年、2010年~2011年、英国ケンブリッジ大学国際法研究所客員研究員。北海道環境審議会委員、環境省今後の水環境保全に関する検討会委員等を歴任。専門は国際法・国際環境法であり、予防原則や持続可能な開発といった国際環境法の基本原則・理念の意義や、国際河川法における実体的義務と手続的義務の関係、海洋汚染・漁業関連条約の我が国における国内実施、宇宙法と国際環境法の交錯などを研究テーマとしている。

研究キーワード

 
持続可能な開発・環境保護に関する国際法秩序の研究

研究分野

 
  • 人文・社会 / 国際法学 / 

論文

 
 
堀口健夫   
法学教室   (497) 50-53   2022年2月   [招待有り]
 
堀口健夫   
国際法判例百選(第3版)   166-167   2021年9月   [招待有り]
 
堀口健夫   
国際法外交雑誌   120巻(1・2合併号)    2021年9月   [査読有り][招待有り]
 
Takeo Horiguchi   
Japanese Yearbook of International Law   63 93-123   2021年3月   [査読有り]
 
堀口健夫   
国際問題   693 17-27   2020年7月   [招待有り]

MISC

 
 
堀口健夫   
上智法学論集   59(2) 103-108   2015年10月   
 
SHIN Hae Bong   Takeo Horiguchi   
Japanese Yearbook of international law   57 439-443   2015年3月   [査読有り][招待有り]
 
野村摂雄   堀口健夫   
法律時報   82(13) 135-139   2010年12月   [招待有り]
 
野村摂雄   堀口健夫   
法律時報   81(13) 137-141   2009年12月   [招待有り]
 
堀口健夫   
アメリカ法   2009(1) 130-136   2009年12月   [招待有り]

書籍等出版物

 
 
鶴田順、島村健、久保はるか、清家裕編、堀口健夫ほか著(範囲:「海洋汚染」「SPS協定と予防原則」)
法律文化社   2022年4月   
 
 
 
堀口 健夫(範囲:326‐337頁)
日本評論社   2020年9月30日   
 

講演・口頭発表等

 
 
 
堀口健夫   
国際法学会学術大会   2018年9月5日   
 
 
堀口健夫   
第21回環境法政策学会学術大会   2017年6月10日   [招待有り]
 
堀口健夫   
環境法政策学会   2016年6月17日   環境法政策学会   

所属学協会

 
 
   
 
国際法協会
 
   
 
国際人権法学会
 
   
 
環境法政策学会
 
   
 
国際法学会

その他

 
 
2017年6月 - 2017年6月
第14回上智大学法科大学院SELAPPセミナー「パリ協定の締結と温暖化防止の法政策」の司会・コーディネーター
 
 
 
2015年6月 - 2015年6月
<座長>環境法政策学会第6分科会