言語の選択:

言語科学研究科

研究者リスト >> 吉畑 博代
 

吉畑 博代

 
アバター
研究者氏名吉畑 博代
 
吉 畑博代
所属上智大学
部署言語科学研究科言語学専攻
職名教授
学位文学士(東京女子大学), 修士(教育学)(筑波大学), 博士(心理学)(広島大学)
科研費研究者番号20280208
J-Global ID200901058072847403

研究キーワード

 
高次脳機能障害 ,失語症 ,言語聴覚障害学 ,リハビリテーション

研究分野

 
  • 人文・社会 / 臨床心理学 / 
  • ライフサイエンス / リハビリテーション科学 / 

受賞

 
1994年3月
言語障害臨床学術研究会, 福迫賞,重度失語症者におけるコミュニケーションモード変換技能の獲得とその機能的使用
吉畑博代 中条朋子 増山かおり 
 

論文

 
 
吉畑博代   
言語聴覚研究   7(1) 63-72   2010年3月   
ICFの枠組みの「活動制限」について,失語症の場合の捉え方を事例を通して説明した。
 
吉畑博代   小山美恵   
臨床看護   34(3) 326-336   2008年3月   
失語症訓練の基本的視点と代表的な訓練を紹介した後,失語症者とのコミュニケーションのとり方について説明した。
 
中川佳奈   吉畑博代   
言語障害臨床学術研究会発表論文集   14 35-47   2005年7月   [査読有り]
重度失語症者を対象に,日常生活上のコミュケーション場面を分析し,会話パートナーに求められるコミュニケーション態度などを検討した。
 
坊岡 峰子   綿森 淑子   相楽 多恵子   吉畑 博代   本多 留実   長谷川 純   小山 美恵   
人間と科学: 広島県立保健福祉大学誌   4(1) 61-74   2004年3月
高齢者施設における利用者の入所時に,短時間でコミュニケーション及び嚥下の状況を簡便に把握することができる「高齢者用コミュニケーション機能スクリーニング検査」を開発した.検査結果より得られた情報を他職種に伝達するための「報告書」と併せて,その有用性をアンケート調査により検討した.アンケートは19施設の利用者345名(男性144名,女性200名.45〜108歳,平均年齢78.5歳)を対象に実施した.その結果,本検査はおおむね妥当性,信頼性を備えていることが明らかになったが,その一方で構音・嚥下...
 
吉畑博代   森隆夫   
言語障害臨床学術研究会発表論文集   13 81-89   2003年7月   [査読有り]
失読症者に,試作した読み障害を代償するためのインターネット閲覧ソフトを試用してもらい,ソフト操作の学習方法の有効性を検討した。

MISC

 
 
吉畑博代   
脳の看護実践   4(2) 2-7   2018年10月   [招待有り]
失語症の症状や特徴を概説した後、事例を挙げて言語評価のポイントを説明した。
 
横山夏奈   沖田啓子   渡邉光子   吉畑博代   津田哲也   
日本言語聴覚士協会総会・日本言語聴覚学会プログラム・抄録集   15th 287   2014年5月   
 
津田哲也   中村光   吉畑博代   藤本憲正   
日本言語聴覚士協会総会・日本言語聴覚学会プログラム・抄録集   15th 192   2014年5月   
 
吉畑博代   津田哲也   
地域リハビリテーション   9(4) 258-263   2014年4月   [招待有り]
「生活に視点をおいた失語症の臨床」特集の最初に,失語症者を生活の視点からとらえることの重要性について述べた。
 
吉畑博代   
リハビリナース   7(1) 19-27   2014年1月   [招待有り]
失語症者に対するリハビリテーションの概略を示した。

書籍等出版物

 
 
吉畑 博代(担当:単著, 範囲:p.140-161)
医学書院   2020年3月31日   
言語聴覚療法に応用できる可能性のある言語理論をふまえて、失語症の症状や評価、訓練方法について執筆した。
 
吉畑 博代(担当:共著, 範囲:p.61-62, 178-179, 398-400)
ぱーそん書房   2018年12月10日   (ISBN:9784907095482)   
失語症や高次脳機能障害領域で比較的よく使用される用語について、わかりやすく解説した。
 
吉畑 博代(範囲:p.185-225)
協同医書出版社   2018年1月5日   (ISBN:9784763930545)   
失語症の原因や症状,訓練方法に加えて,失語症への拡大代替コミュニケーション適用や事例について,概説した。
 
吉畑 博代(担当:共編者(共編著 者))
医歯薬出版   2017年3月15日   (ISBN:9784263217443)   
言語聴覚士養成校の学生や,若手の言語聴覚士に役立つように,小児から成人までの主なコミュニケーション障害を取り上げて,各章の担当者に執筆してもらった。
 
吉畑 博代(担当:その他)
三輪書店   2016年3月15日   (ISBN:9784895905435)   
失語症者への言語訓練を行う時の基本的考えを記した後に、必要となる教材を、名詞、文、文章、書字・音読、発語失行、非言語機能、コミュニケーションに分けて、具体例を挙げながら概説した。

講演・口頭発表等

 
 
川上勝也   渡邉基   渡邊修   吉畑博代   安保雅博   
第21回日本言語聴覚学会inいばらき2020   2020年6月19日   一般社団法人 日本言語聴覚士協会   
癌によって嚥下障害を呈した症例の経過を報告した。
 
吉畑博代   渡邊理恵   杉山貴子   伊集院睦雄   綿森淑子   
第46回日本コミュニケーション障害学会学術講演会   2020年5月31日   東北大学大学大学院教育学研究科   
失語症総合検査JCATの下位検査である意味記憶課題と再認記憶課題の作成過程について、紹介した。
 
矢頭瞳   吉畑博代   大久保公裕   
第46回日本コミュニケーション障害学会学術講演会   2020年5月31日   東北大学大学院教育学研究科   
翻訳改訂を行った日本語版Main Concept Analysisを、失語症者1名に経時的に実施し、症状の変化を捉えることができるかどうかを検討した。
 
高津亘広   吉畑博代   加藤孝臣   浦野雅世   
第46回日本コミュニケーション障害学会学術講演会   2020年5月31日   第46回日本コミュニケーション障害学会学術講演会   
動詞の表出に関係する項の移動と項の数をコントロールした、発話課題を設定し、失語症者に実施した。その結果について、報告した。
 
吉畑博代   渡邊理恵   杉山貴子   伊集院睦雄   綿森淑子   
第43回日本高次脳機能障害学会学術総会   2019年11月29日   清山会医療福祉グループ   
失語症検査JCATで使用するイラストを選定するために実施した、名称一致度調査結果について報告した。

所属学協会

 
 
   
 
日本高次脳機能障害学会
 
   
 
日本神経心理学会
 
   
 
日本コミュニケーション障害学会
 
   
 
日本音声言語医学会
 
   
 
日本心理学会

社会貢献活動

 
 
【その他】
 言語聴覚士に対して、失語症者が抱える語彙の問題について、症状・評価法・訓練法に関する説明を実施した 2019年9月22日 - 2019年9月22日
 
【その他】
 日本言語聴覚士協会が実施する講習会にて、参加者を対象に、失語症に関する語彙機能として、訓練法や般化に関して概説した。 2018年8月26日 - 2018年8月26日
 
【その他】
 失語・高次脳に携わる言語聴覚士を対象に,平成29年度認定言語聴覚士(失語・高次脳機能障害領域)講習会の講師を担当した。「語彙機能」に関する訓練方法や,単一事例実験デザインなどについて説明した。 2017年9月10日 - 2017年9月10日