言語の選択:

理工学部 情報理工学科

研究者リスト >> 萬代 雅希
 

萬代 雅希

 
アバター
研究者氏名萬代 雅希
 
 
URLhttps://bandailab.jp
所属上智大学
部署理工学部情報理工学科
職名教授
学位学士(工学)(慶應義塾大学), 修士(工学)(慶應義塾大学), 博士(工学)(慶應義塾大学)

研究分野

 
  • 情報通信 / 情報ネットワーク / 

受賞

 
2022年9月
電子情報通信学会 通信ソサイエティ 活動功労賞
 
2019年9月
電子情報通信学会 通信ソサイエティ 活動功労賞
 
2019年6月
電子情報通信学会衛星通信研究賞
 
2019年3月
電子情報通信学会ネットワークシステム研究専門委員会活動功労賞
 
2016年9月
電子情報通信学会 通信ソサイエティ 活動功労賞
 

論文

 
 
Tao Xu   Masahiro Watanabe   Masaki Bandai   Takashi Watanabe   
Journal of Information Processing   20(2) 472-479   2012年   [査読有り]
In this paper, we propose and implement a cross layer protocol for ad hoc networks using directional antennas. In the proposed protocol called RSSI-based MAC and routing protocol using directional antennas (RMRP), RSSI is used for computing the di...
 
小野悟   萬代雅希   渡辺尚   
情報処理学会論文誌 コンシューマ・デバイス&システム   1(1) 38-46   2011年12月   [査読有り]
一般にキャンパスネットワークにおける幹線から支線への拡張手段として,スイッチングハブの多段接続が用いられることが多い.このような接続形態では,ハブ間の接続ポート部に通信データが集中し,輻輳が発生しやすいという問題点がある.しかし,輻輳の発生時にはTCPウインドウ制御など通信の抑制による方法がほとんどであり,ネットワークのスループットが低下することは避けられない.一方で通信効率を向上させるために複数のパケットを排他的論理和で多重化するネットワークコーディングが注目されている.本研究では,スイ...
 
吉田将也   木谷友哉   萬代雅希   渡辺尚   
情報処理学会論文誌   52(3) 997-1009   2011年3月   [査読有り]
 
Yu Takada   Masaki Bandai   Tomoya Kitani   Takashi Watanabe   
Journal of Information Processing   18(1) 96-109   2010年   [査読有り]
This paper discusses a buffering strategy for a delay-tolerant multimedia sensor network (DTMSN), whose typical application is video surveillance. In DTMSN, a sensor node observes events around it and stores the data in its own buffer memory. All ...
 
坂本浩   萬代雅希   渡辺尚   
電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌   130(7) 23-1270   2010年   [査読有り]

MISC

 
 
通信ソサイエティ国際会議ICET   実行委員会   
電子情報通信学会誌   105(4) 346-348   2022年4月   
 
Nobuyoshi Kikuma   Masaharu Takahashi   Hisaya Hadama   Takaya Yamazato   Kiyoshi Fukuchi   Shigeki Shiokawa   Keisuke Ishibashi   Daisuke Umehara   Masashi Higashinaka   Yohei Hasegawa   Masaki Bandai   Mikio Hasegawa   Koya Sato   Yoshifumi Morihiro   Nazuki Honda   Dai Kanetomo   Kiyoshi Fukui   Ryo Yamamoto   Masayuki Takase   
IEICE Communications Society Global News Letter      2022年3月   
 
山崎 憲一   萬代 雅希   
電子情報通信学会 通信ソサイエティマガジン   9(4) 216-221   2016年3月   
 
関屋 大雄   萬代 雅希   宮澤 高也   
電子情報通信学会 通信ソサイエティマガジン   8(8) 10-16   2009年3月   
 
関屋 大雄   萬代 雅希   宮澤 高也   
電子情報通信学会 通信ソサイエティマガジン   2009(8) 8_10-8_16   2009年   

書籍等出版物

 
 
田中, 衛, 西尾, 芳文, 丹治, 裕一, 関屋, 大雄, 萬代, 雅希
コロナ社   2023年5月   (ISBN:9784339029338)
 
萬代 雅希(担当:共著, 範囲:p.111-132)
コロナ社   2016年10月26日   (ISBN:9784339028577)   
 
萬代 雅希(担当:共著)
コロナ社   2011年3月25日   (ISBN:9784885522529)   

講演・口頭発表等

 
 
Yusaku Hayamizu   Masaki Bandai   Miki Yamamoto   
International Conference on Emerging Technologies for Communications (ICETC 2023)   2023年11月   
 
Y. Kawabata and M. Bandai   
IEEE Consumer Communications and Networking Conference (CCNC 2023)   2023年1月   
 
M. Yamashita   M. Bandai   
IEEE International Conference on Consumer Electronics (ICCE 2023)   2023年1月   
 
D. Hattori   M. Bandai   
IEEE International Conference on Consumer Electronics (ICCE 2023)   2023年1月   
 
服部大地   萬代雅希   
電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会   2022年11月24日   

所属学協会

 
 
   
 
電子情報通信学会
 
   
 
Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE)
 
   
 
情報処理学会
 
   
 
Association for Computing Machinery (ACM)

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
セマンティックスを基軸とした新しいコンテンツ指向ネットワークの研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
山本 幹 萬代 雅希 速水 祐作 
研究期間: 2021年4月 - 2025年3月
 
面的で詳細な状態把握に基づく多層ネットワークコンピューティング基盤
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
萬代 雅希 
研究期間: 2019年4月 - 2023年3月
 
アプリケーション基盤としてのコンテンツ指向ネットワーキングの研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
山本 幹 萬代 雅希 
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月
 
複数の通信経路を弾力的に活用する高速大容量無線ネットワーク機構
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
萬代 雅希 
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月
 
研究期間: 2015年8月 - 2017年3月