言語の選択:

総合人間科学部 社会福祉学科

研究者リスト >> 岡 知史
 

岡 知史

 
アバター
研究者氏名岡 知史
 
オカ トモフミ
URLhttps://publons.com/researcher/1431544/tomofumi-oka/
所属上智大学
部署総合人間科学部
職名教授
学位PhD (Social Work)(Cardiff University), 修士(学術)(大阪市立大学)
科研費研究者番号50194329
ORCID ID0000-0002-7451-9628
J-Global ID201701009755784433

プロフィール

1958年8月 兵庫県 姫路市生まれ 姫路市立 大津小学校卒 姫路市立 広畑中学校卒 兵庫県立 姫路西高等学校卒 雑誌の編集委員会委員等 Qualitative Social Work(2001年-現在, Sage) The Qualitative Report(2005年-現在, Nova Southeastern University) International Journal of Self-Help and Self Care (2010年-2014年, Baywood) Voluntaristics Review Brill Research Perspectives (2017年-現在, Brill)
Qualitative Social Sciences (2021年3月-, DergiPark, Turkey) Society (an active reviewer, 2019.05-2020.04, Universitas Bangka Belitung, accredited by the Ministry of Research, Technology and Higher Education of the Republic of Indonesia)

研究分野

 
  • 人文・社会 / 社会福祉学 / 

経歴

 
2005年4月
 - 
現在
上智大学 総合人間科学部 教授 
 
2015年4月
 - 
2022年3月
上智大学 総合人間科学部 社会福祉学科  学科長 
 
2012年4月
 - 
2015年3月
上智大学 総合人間科学研究科 社会福祉学専攻  専攻主任 
 
2004年4月
 - 
2005年3月
上智大学 文学部 教授 
 
2004年
 - 
2005年
George Mason University Department of Sociology and Anthropology Affiliate Professor 
 

学歴

 
1978年4月
 - 
1982年3月
富山大学 理学部 数学科
 

委員歴

 
2011年4月
 - 
現在
公益社団法人全日本断酒連盟  顧問
 
 
 - 
現在
一般社団法人全国自死遺族連絡会  外部評議員
 
2017年12月
 - 
2018年1月
日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員1段審査(書面審査)基盤研究(A)担当委員
 
2016年12月
 - 
2017年1月
日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員1段審査(書面審査)委員
 
2010年12月
 - 
2011年1月
日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員1段審査(書面審査)委員
 

受賞

 
2004年
日本社会福祉学会, 学術賞
岡 知史 
 

論文

 
 
Tomofumi Oka   
The Community Psychologist   53(2) 19-21   2020年4月   [査読有り]
 
Carol Munn-Giddings   Tomofumi Oka   Thomasina Borkman   Grace L. Chikoto   Jürgen Matzat   Rolando Montaño-Fraire   
The Palgrave Handbook of Volunteering, Civic Participation, and Nonprofit Associations   1 393-416   2017年1月   [招待有り]
This chapter explores a type of formal volunteering, carried out in groups, by peers who share a problematic health, economic, or social condition or situation. Peers meet together in self-help/mutual aid groups (SH/MAGs) to alleviate or improve t...
 
Chenhall, Richard   Tomofumi Oka   
Japanese Studies   36(1) 105-124   2016年1月   [査読有り]
 
岡 知史   
Care, Loss, and the End of Life, edited by N. Hinerman & M. R. Sanders   127-137   2016年   [査読有り]
“Making Peace with Grief through Indigenous Wisdom.” (Tomofumi Oka, 2016) In N. Hinerman & M. R. Sanders (Eds.), Care, Loss, and the End of Life (pp. 127-137). Oxford, UK: Inter-Disciplinary Press.
 
Tomofumi Oka   
Spirituality: An Interdisciplinary View, edited by Jennifer Mata-McMahon, Tihana Kovač, and Grace Miller   131-142   2016年   [査読有り]
“Survivor Spirituality versus Popular-Therapeutic Spirituality: Two Conflicting Approaches to Supporting Japanese Family Survivors of Suicide.” (Tomofumi Oka, 2016) Pp. 131-42 in Spirituality: An Interdisciplinary View, edited by Jennifer Mata-McM...

書籍等出版物

 
 
 
岡 知史(担当:単著)
星和書店   1999年2月   (ISBN:4791103912)   
 
Hill Karen, 岩田 泰夫, 岡 知史
川島書店   1988年   (ISBN:4761003871)   

講演・口頭発表等

 
 
岡 知史   
the 3rd International Social Development Conference   2018年8月8日   School of Applied Psychology, Social Work and Policy, Universiti Utara Malaysia   
The knowledge base of self-help groups in Japan: Experience, popular psychology, and indigenous/religious knowledge (Tomofumi Oka, 2018). Paper presented at the 3rd International Social Development Conference 2018 (Organised by School of Applied P...
 
岡 知史   
8th International Conference on Social Work in Health and Mental Health   2016年6月19日   Singapore Association of Social Workers   [招待有り]
[Invited Plenary Speech] Equal Partnership, Indigenous Wisdom, and Readiness to Respond: Working with Self-Help Groups (Tomofumi Oka, 2016). Paper presented at 8th International Conference on Social Work in Health and Mental Health, June 19-23, Na...
 
岡知史   
日本社会福祉学会第62回秋季大会(早稲田大学)2014.11.29-30.   2014年11月29日   
 
Oka, T   Tanaka, S   Ake, H   Kuwabara, S   
the 21st Asia-Pacific Social Work Conference   2011年7月15日   
Oka, T., Tanaka, S., Ake, H., & Kuwabara, S. (2011). Self-help groups for family survivors of suicide in Japan: For empowerment, not grief care. Presented at the 21st Asia-Pacific Social Work Conference, Tokyo, July 15-18.
 
岡 知史   
The International Conference on Promoting Chronic Care: Towards A Community-based Chronic Care Model for Asia   2010年1月8日   the Hong Kong Society for Rehabilitation (WHO Collaboration Centre for Rehabilitation and Community Rehabilitation Network)   
[Invited Plenary Speech] The power and potentiality of peer-led self-help groups in comparison with professional-led support groups: Self-help experiences in Japan (Tomofumi Oka, 2010). Presented at The International Conference on Promoting Chroni...

担当経験のある科目(授業)

 
1986年11月
 - 
1987年3月
社会福祉 (藍野医療技術専門学校理学療法士・作業療法士学科)
1985年4月
 - 
1987年3月
養護原理Ⅰ (東大阪短期大学幼児教育科)
1985年4月
 - 
1987年3月
社会福祉Ⅰ (東大阪短期大学幼児教育科)
1986年4月
 - 
1986年6月
社会福祉 (東大阪短期大学食物学科食物学コース)
1986年4月
 - 
1986年6月
社会福祉 (東大阪短期大学食物学科栄養士コース)

所属学協会

 
1984年4月
 - 
現在
日本社会福祉学会
 
   
 
日本ソーシャルワーク学会
 
   
 
日本地域福祉学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
自助グループにおけるスピリチュアリティと組織論の参加的アクションリサーチ
科学研究費助成事業: 基盤研究(C)
岡 知史 総合人間科学部 
研究期間: 2019年4月 - 2024年3月
 
自助集団のスピリチュアリティと土着の知の融合:通俗心理学の言説に対抗して
科学研究費助成事業: 基盤研究(C)
岡 知史 総合人間科学部 
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月
 
医療化社会での自助集団の世界観の発展と再生:自死遺族と酒害者をめぐる比較事例研究
科学研究費助成事業: 基盤研究 (C)
岡 知史 総合人間科学部 
研究期間: 2011年 - 2015年
 
非欧米系自助組織としての断酒会の組織メタファー:アボリジニ組織との比較を通して
科学研究費助成事業: 基盤研究 (C)
岡 知史 総合人間科学部 
研究期間: 2007年 - 2010年
 
セルフヘルプグループの組織論的課題解明のためのストーリー及びメタファーの分析
科学研究費助成事業: 基盤研究 (C)
岡 知史 総合人間科学部 
研究期間: 2003年 - 2006年

MISC

 
 
岡知史   
第14回全国自死遺族フォーラム(仙台市)基調講演      2021年9月
 
岡 知史   
第12回全国自死遺族フォーラム(宇都宮市)基調講演      2019年9月   
2019.09.14.第12回全国自死遺族フォーラム(主催:全国自死遺族連絡会)講演『自死遺族の自助グループについて』(場所:宇都宮市:TKP宇都宮カンファレンスセンター地下1階)
 
上智福岡中学高等学校・出張授業      2019年2月   
上智福岡中学高等学校・出張授業
 
岡 知史   
上智大学社会福祉学科同窓会セミナー      2018年11月   
上智大学社会福祉学科同窓会セミナー講演『上智で教えて30年:教員生活をふりかえって』上智大学社会福祉学科同窓会主催、上智大学12号館301教室、2018.11.17.13:30-14:30.
 
岡 知史   
セルフヘルプ・フォーラム 2017 in 北九州(主催:北九州セルフハート会議)基調講演      2017年11月   
2017.11.23.セルフヘルプ・フォーラム2017in北九州(主催:北九州セルフハート会議)基調講演『この37年の間に私が出会ったセルフヘルプ・グループ:個人的体験をもとに』(場所:北九州市:ウェルとばた2階 多目的ホール)