言語の選択:

地球環境学研究科 地球環境学専攻

研究者リスト >> 田中 嘉成
 

田中 嘉成

 
アバター
研究者氏名田中 嘉成
 
タナカ ヨシナリ
所属上智大学
部署地球環境学研究科地球環境学専攻
職名教授
学位農学博士(名古屋大学)
科研費研究者番号60338647
J-Global ID200901024880436109

研究キーワード

 
Theoretical biology Evolution theory ,理論生態学 進化生物学 保全生物学

研究分野

 
  • 環境・農学 / 環境負荷、リスク評価管理 / 
  • ライフサイエンス / 生態学、環境学 / 

受賞

 
2001年
日本生態学会宮地賞
 

論文

 
 
Yoshino, M   Tanaka, Y   
Advances in Pure Mathematics   3 709-718   2013年   [査読有り]
 
Hiroyuki Mano   Yoshinari Tanaka   
JOURNAL OF FRESHWATER ECOLOGY   27(2) 309-313   2012年6月   [査読有り]
We compared predation by medaka, Oryzias latipes, on four age-classes of Daphnia pulex to examine the relationship between predation rate and prey body size. The number of individuals eaten by a medaka fish differed significantly among four size c...
 
Yoshinari Tanaka   Hiroyuki Mano   Haruki Tatsuta   
ENVIRONMENTAL TOXICOLOGY AND CHEMISTRY   31(4) 813-818   2012年4月   [査読有り]
A statistical genetics method is presented for estimating the genetic variance (heritability) of tolerance to pollutants on the basis of a standard acute toxicity test conducted on several isofemale lines of cladoceran species. To analyze the gene...
 
Yoshinari Tanaka   
THEORETICAL ECOLOGY   5(1) 83-98   2012年2月   [査読有り]
The response of ecological communities to environmental disturbances depends not just on the number of species they contain but also on the functional diversity of the constituent species; greater variation in the tolerance of species to different...
 
Tanaka, Y   Mano, H   
Ecological Modelling   237-238 88-100   2012年   [査読有り]

MISC

 
 
田中嘉成   
化学物質と環境   170 1-4   2021年   [招待有り]
 
白石寛明   青木康展   鈴木規之   田中嘉成   平野靖史郎   堀口敏宏   鑪迫典久   多田満   横溝裕行   林岳彦   児玉圭太   渡部春奈   古山昭子   藤谷雄二   黒河佳香   石堂正美   曽根秀子   宇田川理   林岳彦   櫻井健郎   松本理   今泉圭隆   河合徹   黒田啓介   小山陽介   藤巻秀和   滝上英孝   梶原夏子   松橋啓介   青柳みどり   日引聡   竹内文乃   
国立環境研究所研究プロジェクト報告 SR(Web)   (114) WEB ONLY   2016年11月   
 
田中 嘉成   
日本生態學會誌   60(2) 249-253   2010年7月
生物多様性と生態系機能の関係性の解明と、それに基づいた生態系の影響評価のための新たなアプローチとして、生物の機能形質(生態形質)に基づいた枠組みが進展している。理論的な面では、群集レベルでの機能形質の動態や、生態系機能の応答の定式化のために、集団遺伝学や量的遺伝学の進化理論が応用されている。実証データと理論的枠組みの連携がさらに進めば、生物の分布情報、環境要因データ、生態形質のデータベースに対する統合的な解析から、生態系影響評価が可能になると期待される。
 
立田 晴記   田中 嘉成   
日本応用動物昆虫学会大会講演要旨   (52) 160-160   2008年3月
 
Yoshinari Tanaka   
ECOLOGICAL RESEARCH   22(6) 929-939   2007年11月   [査読有り][招待有り]
In this paper, both the empirical and theoretical genetic aspects of human-mediated introgressive hybridization are reviewed in terms of their association with the breakdown of postzygotic isolating mechanisms. I also compare several simulation mo...

書籍等出版物

 
 
バーツラフ・シュミル著, 三輪ヒナタ訳(担当:)
2022年8月   
 
田中 嘉成(担当:その他, 範囲:p. 220-232)
(株)技術情報協会   2017年      
 
田中 嘉成(担当:その他, 範囲:p. 62-87)
東京化学同人   2012年      
 
田中 嘉成(担当:その他)
共立出版   2012年      
 
田中 嘉成(担当:その他, 範囲:p. 95-135)
共立出版   2009年      

講演・口頭発表等

 
 
田中嘉成   
第70回日本生態学会大会   2023年3月17日   
 
田中嘉成   
日本人間行動進化学会第14回大会   2021年12月5日   
 
田中嘉成   
第63回日本生態学会大会   2016年3月   
 
田中嘉成   
日本リスク研究学会第28回大会   2015年11月22日   
 
三﨑貴弘   横溝裕行   田中嘉成   
第49回日本水環境学会   2015年3月   

所属学協会

 
 
   
 
個体群生態学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
環境変化に対する生物群集の応答と機能形質動態に関する数理生態学的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
田中 嘉成 吉野 正史 
研究期間: 2011年4月 - 2015年3月
 
保全生態学・生物経済学・生態毒性学における進化理論の導入
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
松田 裕之 田中 嘉成 山口 典之 加茂 将史 
研究期間: 2007年 - 2008年
 
野生メダカ個体群の絶滅確率による有害化学物質の生態リスク評価
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
田中 嘉成 
研究期間: 2005年 - 2008年